ここから本文です

時代によって眉は変わる!世相が分かる眉メイクの歴史を振り返り

集英社ハピプラニュース 10/1(土) 19:00配信

「MAQUIA」10月号に掲載中の『美眉100問100答』より、眉メイクの変遷を振り返り。1名のモデルで再現されているのも驚き!

【教えてくれたのは…】

資生堂 ビューティ クリエーション部
トップヘア& メーキャップアーティスト 鈴木節子さん


Q 眉の歴史をざっくり振り返りたい

A 「眉はもっとも世相がわかりやすいパーツ。毎日メイクをする中で、無意識ながらに時代の雰囲気が反映されます。写真は1920年から現在に至るまでのメイクの変遷を1名のモデルで再現したものです。眉の変化がよく分かりますよね。」(鈴木さん)


◆1920年代(写真右上)
洋装が始まった20年代は、細く下がった眉が人気に。

◆1930年代(写真右下)
30年代は、銀幕女優を真似た、つり上がったアーチ眉に。

◆1950年代(写真左下)
50年代の理想像はオードリー・ヘップバーンの太眉。

◆1960年代(写真左上)
ツイギーに憧れた60年代は、細めのアーチ眉に。

◆1970年前半代
オイルショックがあった70年代は退廃的な細眉。

◆1970年代後半
西洋の真似から脱却した70年代の後半は切れ長に。

◆1980年代前半
雇用機会均等法が施行された80年代前半は太眉に。

◆1980年代後半
バブルの好景気に押され、長め&太眉の80年代後半。

◆1990年代
不況下のアムラーブーム到来で、極細のアーチ眉に。

◆2000年代
盛り&セレブブームで、眉頭が太くて丸いアーチ眉に。

◆2010年代半ば
東日本大震災を経てナチュラルに。眉もゆるふわ化。

◆2011年代半ば
景気の緩やかな回復を受けて、再び太眉がブームに。


資料提供/資生堂

最終更新:10/1(土) 19:00

集英社ハピプラニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ