ここから本文です

未来の電車「Hyperloop」づくりに参加するスタートアップたち

WIRED.jp 10/1(土) 17:10配信

未来の電車「Hyperloop」の浮上システムのためのイタリアの3つのプロトタイプが前途有望だ。カリフォルニアへと送られて、「Hyperloop Pod Competition」が予定している最終テストに参加するだろう。このコンペティションはこの高速鉄道の建造を加速べく開催されるもので、SpaceXの創業者、イーロン・マスクにより発表された。

【MITデザイン「ハイパーループ」の初号機は、こうなる】

「これは出発点であり、この数カ月に行った膨大な量の仕事をわたしたちは誇りに思います」と、浮上システムを実現したスタートアップ、Ales Tech社長兼共同創業者のルーカ・チェザレッティは、アンドレーア・パッロッタとともにイタリアの通信社『ANSA』に語っている。「わたしたちは実験室での最初のテストに満足しています。技術は機能していて、発展の余地もあります」

Ales Techはミラノに活動拠点を置くイタリアのスタートアップ企業だ。その活動は新しい浮上システムを考案することからはじまり、プロトタイプ製作にまで至る(彼らの“冒険”は、サンタンナ高等学院とピサ大学の学生たちのプロジェクトから生まれている)。

「Ales Tech’s Suspension System」(彼らによる命名だ)は、このスタートアップにとって最初の大きな挑戦だ。磁気浮上システムをベースにしたテクノロジーは、未来の乗客たちに最大限の快適さを提供することを目指して研究されている。というのも、最新の磁気浮上システムは、その摩擦が非常に小さくなっているとはいえ、まだあまりに大きな音と構造振動を起こすためだ。

Hyperloopの「時速1000kmで走行する未来の電車」というアイデアそのものは、2013年8月に生まれた。当時、イーロン・マスクはプロジェクトの概要をオンラインで公開したが、結果的に、さまざまな企業やスタートアップがこの革命的な電車の建造に手を染めることになった。なかでも重要なパートナーがHyperloop Transportation Technologies(HTT、『WIRED』日本版VOL.23では同社CEOのダーク・アルボーンへのインタヴューを掲載。関連記事)とHyperloop Technologies(社名変更し「Hyperloop One」)の2社だ。

イーロン・マスクは、自身の宇宙開発企業であまりに多忙だ。ゆえに、彼はプロトタイプ建造を加速させるべく世界的なコンペを考えたわけだ。Space Xは全参加者それぞれのテクノロジー(30のプロトタイプに搭載されて競い合う)をテストする試験コースを建設している。テストは1月27日~29日に、カリフォルニア州ホーソーンのSpaceXで行われることになっている。

FLAVIO ALUNNI

最終更新:10/1(土) 17:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。