ここから本文です

デスクにおひとつ、ランドアートでも!?

Casa BRUTUS.com 10/1(土) 20:00配信

ネバダの砂漠でいま話題のランドアート、なんとミニチュアが買えるんです。

砂漠に突如出現したカラフルな巨大トーテムポールは、ウーゴ・ロンディノーネが制作したインスタレーション《7つの魔法の山》。およそ10Mもの高さに石を積み上げたこのランドアートに、市販用ミニバージョンができました。

台座は18cm四方、とデスクに2つ3つ並べて置けそうなお手ごろサイズ。ただし気になるお値段は1つ1000ドル、7色セットで7000ドル。もちろん量産品ではなくウーゴがひとつひとつ手作りしたもの。石をコーティングし、白いベースコートの上から色を塗り、仕上げには紫外線防止剤が。売り上げはインスタレーションの維持費に充てられ、生産は500個限定。ここはアート支援で、思い切ってひとつ買ってみます?

ウーゴ・ロンディノーネ

1964年スイス生まれ。NYを拠点に活動するマルチメディアアーティスト。〈ストーン・スカルプチャー・シリーズ〉の購入はこちらから。

text_Mika Yoshida & David G. Imber editor_Yuka Uchida

最終更新:10/1(土) 20:00

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。