ここから本文です

未就学児にも影響する親のスマホ習慣

@DIME 10/1(土) 17:30配信

母親目線で教育現場でのネット利用安全教育を実施しているNPO法人e-Lunch(以下、イーランチ)は、1歳から6歳の幼児の保護者1158人を対象に「幼児のスマートフォン・タブレット利用調査」(期間:2014年9月10日から9月30日)を実施した。調査の結果、保護者のスマートフォンやタブレットの利用時間が増えると、子どものスマホを利用する時間も増えることがわかった。保護者の利用習慣は子どもの利用習慣に直接的に影響していると言えそうだ。また、62%の家庭がスマホを利用するときのルールを定めていることがわかったが、一方で、約50%の家庭では子どもが利用するスマホにウイルス対策やフィルタリングなどの安全対策を施していないことも明らかになった。

■スマホの利用時間

 スマホを週2日以上利用する習慣は、1歳児では18.2%だったが、2歳児ではその倍以上の47.4%であることがわかった。親の1日のスマホ利用時間がゼロの場合は、69.2%の子どもが利用時間ゼロ。親が15分利用している場合は、利用時間ゼロの子どもは16.1%減少し、53.1%という結果に。

 また、親の1日のスマホ利用時間が30分の場合、利用時間ゼロの子どもは31.2%に減少した。また、32.5%の子どもが親と同じ30分、またはそれ以上の時間スマホを利用していることがわかった。

 また、全体では、どの年齢でも写真や動画を撮ったり見たりという使い方が多くを占めていることがわかった。1日2時間以上利用している子どもに絞ると、動画を見たりゲームで遊んだりするという回答が多くなり、子どもが単独でスマホを使い続けている様子が推察できる。

■スマホ利用時のルール

 今回の調査では、62%の家庭がスマホを利用するときのルールを定めていることがわかった。今年2月に内閣府が発表した「平成25年度 青少年のインターネット利用環境実態調査結果」によると、満10歳から満17歳までの青少年の家庭でルールを定めているのは67%という結果が出ている。このデータと比較しても、子どもの年齢に関わらず、親は子どもにスマホを利用させるときには、何らかのルールを設ける必要性を認識していることがわかる。

 また、今回の調査では、約50%の保護者が、子どもたちに手渡すスマホにウイルス対策やフィルタリングなどを施していないことがわかった。国民生活センターの情報によると、保護者が気づかぬうちに子どもが課金サービスやクレジット決済を利用する事例も増えており、早急に安全対策を取る必要がありそうだ。

※調査は、9つの幼稚園・保育園の協力を得て、1歳~6歳の子どもを持つ保護者1158人にアンケートを実施した。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:10/1(土) 17:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き