ここから本文です

浦和の阿部勇樹、史上最年少・史上6人目のJ1通算500試合出場達成! J1連続フル出場も123試合継続中

Football ZONE web 10/1(土) 14:08配信

ガンバ大阪MF遠藤の35歳8ケ月19日を抜き、阿部は35歳25日での達成

 浦和レッズの元日本代表MF阿部勇樹が1日のガンバ大阪戦でスタメン出場し、J1通算500試合出場を達成した。この記録は史上6人目で、さらに35歳25日での達成はガンバ大阪MF遠藤保仁の35歳8ケ月19日を抜き、史上最年少となった。

2016・J1リーグ「最新推定市場価格ランキングTOP 100」

 阿部の初出場は1998年8月5日にジェフユナイテッド市原(当時)で、その時の対戦相手もガンバ大阪だった。16歳333日でのデビューは当時の史上最年少記録で、そこから約1年半在籍したイングランドのレスター・シティ時代を含めても約18年での達成。浦和では、2013年10月27日に達成した元日本代表DF山田暢久に続く2人目の記録となった。

 高校2年生当時にデビューした阿部は、ジェフで06年までプレーすると07年に浦和へ移籍。その初年度でアジアチャンピオンズリーグ制覇の原動力となった。日本代表にも選出され、10年南アフリカワールドカップでは3ボランチの中央で存在感を放ち、地元開催以外で初めて決勝トーナメントに進出したチームに貢献した。大会後にレスターへ移籍し、12年から浦和に復帰。5シーズン連続でキャプテンを務めている。

 また、阿部はもう一つの記録としてJ1連続フル出場を前節サンフレッチェ広島戦までで123試合まで伸ばしている。ボランチという運動量が求められるポジションでありながら、故障をしない自己管理と安定したプレー、出場停止にならないフェアプレーがこうした出場記録を伸ばす原動力になっている。

“浦和のレジェンド”山田越えも秒読み段階

 阿部は499試合出場を達成した前節のサンフレッチェ広島戦後に「これで終わるわけじゃないから、そっとしておいて」と笑いながら話していたが、晴れて大記録の達成となった。


■J1リーグ「通算出場記録TOP10」
(10月1日14時10分時点/★=現役)

1位:628試合 楢崎正剛(名古屋)★
2位:534試合 遠藤保仁(G大阪)★
3位:533試合 中澤佑二(横浜FM)★
4位:517試合 伊東輝悦(秋田)★
5位:501試合 山田暢久(浦和)
6位:500試合 阿部勇樹(浦和)★
7位:496試合 明神智和(名古屋)★
8位:495試合 曽ヶ端準(鹿島)★
9位:491試合 小笠原満男(鹿島)★
10位:448試合 山口 智(市原、G大阪/最終所属:京都)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/1(土) 15:17

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。