ここから本文です

「人のインターネット化」を進めるスタートアップDigi.meに集まる投資

WIRED.jp 10/1(土) 23:30配信

データを集積して「自分のインターネット(internet of me)」をつくるという新興企業Digi.meが、「シリーズA」資金調達で700万ドルを集めたことを発表した。

Digi.meのアプリは、ユーザーのソーシャルネットワークから写真や投稿などのデータを収集する。「わたしたちのデータはウェブ上でバラバラになっています。それをひとつにまとめることによって真の可能性が生まれます」と同社は説明している。

すべてのデータがひとつの場所に集められたら、Digi.meアプリ内の各ネットワークから、すべての投稿やコンテンツを検索できるようになる。

自分の個人データがアプリ内にある人は、「そのデータを各種のビジネスのサーヴィスと交換して、パーソナライズされた特典やサーヴィスを受ける」ことができる。Digi.meのウェブサイトによると、140カ国で40万人を超える人々がアプリを利用しているという。

今回集められた資金は、ある人の個人データに対して、「許可に基づいてアクセスするプラットフォーム」を開発し、金融データと健康データをサーヴィスに統合させることなどに使われる予定だ。Digi.meは、2016年末までにショッピング情報も追加すると話している。

今回集められた資金には、eBay創設者のピエール・オミダイアが設立した投資会社オミダイア・ネットワークの出資した100万ドルが含まれている。

オミダイア・ネットワークの投資パートナーであるC・V・マドフカールは、声明で次のように述べている。「Digi.meのソリューションが特に魅力的なのは、ユーザーのデータに対して、『見えない、触れない、持たない』という手法でプライヴァシーを確保することです。個人データの保管やアクセス、利用は持ち主に委ねられます」

MATT BURGESS

最終更新:10/1(土) 23:30

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。