ここから本文です

秋イガリメイク☆グリーンでも浮かないアイメイクのテクニックを伝授! [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 10/1(土) 21:00配信

ニッポンのコスメ大好き女子が注目するイガリさんのアイメイク。アイシャドウのトレンドカラーの使いこなしテクニックを、もっと詳しく知りたい! という読者の声に応えて徹底紹介。

「この秋、私が気になっているのがグリーンのシャドウ。グリーンはポップなイメージが強いけど、実はまぶたに深みを与え、陰影になりすます色でもあるんです」

トーンの違うグリーンを重ねてまぶたに深みを構築。さらに浮かない秘策として、透けるブラウンのシャドウを投入する。

使ったのはコレ!

a:クレ・ド・ポー ボーテ オンブルクルールクアドリn 315、ケース(チップ2 本付き)/資生堂インターナショナル

b:ディオールショウ モノ グロス 684/パルファン・クリスチャン・ディオール

HOW TO

aの右から2 番目を、指でアイホールより一回り大きくぼかす。

「最初にやわらかなグリーンのベールをかけて、シャドウのベースをつくります。指を使ってのばすのが重要なポイント。指の湿度と温かさでまぶたにぴたっと密着します」

アイホールと下まぶたの目尻側半分にaの右から3番目をぼかし、bを上まぶた全体にブラシで薄く重ねる。
「影色グリーンで目の骨格を強調してから、キラキラブラウンを重ねます。これでグリーンがまぶたと一体化して、浮かなくなります」

aの右端で上のキワにラインを入れる。
「目尻は少し太めに長く描いています。目を開けたときに目尻が下がって見えるように、斜め下にのばすのがポイントです」下まぶたの目尻から黒目の手前にも同じ色を、目尻側太めに入れる。最後にaの左端の色で、目頭を囲むようにハイライトを入れて完成。


(撮影:天日恵美子)

最終更新:10/1(土) 21:00

講談社 JOSEISHI.NET