ここから本文です

浦和が“天敵”に4発快勝でセカンド首位キープ 完敗のG大阪はCS進出が絶望的

Football ZONE web 10/1(土) 16:22配信

開始6分の高木のゴールでリズムをつかむ

 浦和レッズが“天敵”を下してセカンドステージの首位をキープした。1日に本拠地・埼玉スタジアムにガンバ大阪を迎えてJ1セカンドステージ第14節のゲームを戦った浦和は、FW高木俊幸とFW武藤雄樹などのゴールで4-0の大勝を収めた。

2016・J1リーグ「最新推定市場価格ランキングTOP 100」 浦和の12選手がランクイン!

 浦和にとってG大阪は元旦の天皇杯決勝や昨季のチャンピオンシップ準決勝といった大一番を含め、公式戦4連敗中の相手だった。しかし、浦和はこのゲームで開始早々にスコアを動かし、その悪い記憶を払拭した。

 前半6分、敵陣まで攻め込んだ浦和は、最大の武器である連動したパスワークでG大阪の守備陣を完全に崩した。DF森脇良太からMF駒井善成にボールが入ったところを合図に、前線が連動して動き出す。駒井がMF柏木陽介につなぐと、柏木はすでに右サイドを切り裂くように動き出していた武藤にワンタッチでパスをつないだ。さらに武藤はワンタッチで中央に速いボールを折り返し、ボールの先で高木が難なく押し込んだ。鮮やかなゴールで、浦和が1-0と先制に成功した。

 浦和はこのゲームに懸ける意気込みを示すように、全体が高い位置から果敢にプレスに出てG大阪にゲームを組み立てさせずに制圧した。その一方で、得点後はやや攻撃の精度が欠ける場面が目立ち、浦和がペースを握りながらも1-0のまま前半を終えた。

「まだ終わりではない」と気を引き締めた阿部

 しかし後半に入り、浦和はまたも立ち上がりにゲームを動かした。同5分、ペナルティーエリアのすぐ外、右45度付近でボールを持った武藤は、攻撃陣にマークがつかれていると見るや左足を一閃。これが日本代表GK東口順昭のニアサイドを破り、2-0とリードを広げた。

 そしてG大阪は、自らゲームをさらに苦しくした。同14分、FWアデミウソンが縦パスを受けようとしたところに後ろから寄せた日本代表DF槙野智章がもつれるように倒れたが、起き上がり際にアデミウソンが右手で槙野の腹部にパンチを見舞い、廣瀬格レフェリーは迷うことなくレッドカードを提示。追いかける展開のなかで10人と数的不利になった。

 その後も集中力を切らさなかった両チームだが、数的優位に立った浦和がゲームをコントロールした。そして、同38分に森脇のラストパスをMF宇賀神友弥が左足で合わせ3-0とし、さらに同42分には途中出場のFW李忠成がゴール前で粘ったこぼれ球を途中出場のFWズラタンが押し込んで4-0として勝利。このゲームが史上6人目で、最年少でのJ1通算500試合出場達成となった元日本代表MF阿部勇樹の節目のゲームを快勝で飾った。

 試合後の阿部は場内インタビューに対し、「今日もガンバ大阪という素晴らしい相手とのゲームにこれだけ(4万3415人)の人が入ってくれて、試合も勝って良かった。まだ終わりではないので、これからも一緒に戦っていきましょう!」と、ホームのサポーターに感謝を伝えた。そして、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督から記念の花束を受け取ると、満面の笑みを見せていた。

 この結果、浦和はセカンドステージの勝ち点を34に伸ばして首位をキープ。年間勝ち点を67として、ナイトゲームが組まれている川崎フロンターレを1ポイント逆転して暫定首位に立った。一方で、G大阪は残り3試合でセカンドステージ首位浦和との勝ち点差が7に開き、さらに年間3位の鹿島アントラーズとの勝ち点差も8のままと、2シーズン連続のチャンピオンシップ進出は絶望的となっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/1(土) 16:57

Football ZONE web