ここから本文です

ドイツメディアが「ドルトムント敗北者4人」に香川を選出 スタメン奪取は「望みなし」と辛辣

Football ZONE web 10/1(土) 17:26配信

ライバルの好調に押される形で香川はベンチに降格

 ドルトムントで6試合連続先発落ちと苦しむ日本代表MF香川真司に対して、ドイツメディアは「敗北者」、「望みなし」と辛辣な評価を下し、好調のチームで完全に居場所を失っていると指摘している。ドイツの週刊誌「フォーカス」電子版が報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 同メディアは、ここ5試合で22得点4失点と攻撃陣が好調のドルトムントにおける「敗北者4人」をピックアップ。シーズン前にミドルスブラへの移籍が取り沙汰されながらメディカルチェックに引っかかり破談となったセルビア代表DFネヴェン・スボティッチ、復活を期待されながらいまだ出番の少ないトルコ代表MFヌリ・シャヒン、オサスナから獲得したU-19スペイン代表MFミケル・メリーノに続き、香川が屈辱の選出となった。

 元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ、サイドバックからインサイドハーフにコンバートされてブレーク中のポルトガル代表MFラファエル・ゲレイロなど、ライバルの好調に押される形でベンチに降格した香川。現状では、スタメン争いで付け入る隙がない状態だと指摘されている。

「香川真司は、シーズン序盤に10番のポジションだった。しかし、この日本人はいいプレーを見せることができず、ベンチに座ることになった。それから彼は一度しか出場していない。望みはない」

序列は4番手、あるいは5番手まで降格

 香川は、シーズン開幕を告げるバイエルン・ミュンヘンとのドイツ・スーパーカップやブンデスリーガ開幕戦のマインツ戦では、4-2-3-1システムのトップ下として先発出場した。しかし、さしたるインパクトは残せず次第に出番を失った。現在は4-1-4-1システムのインサイドハーフのバックアッパーという立場。カストロ、ゲレイロ以外にも、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ、元U-21ドイツ代表MFセバスティアン・ローデも控えており、序列では4番手、あるいは5番手まで降格している。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、10月のワールドカップアジア最終予選の本拠地イラク戦と敵地オーストラリア戦に向けた代表メンバーに苦境の香川を招集した。会見では「ドルトムントには世界でも有数の選手がいる。誰と競争しているか。(アンドレ・)シュールレとゲッツェだ。かなりのハイレベルな選手だ」と擁護していたが、出番のない状況が続けば、その立場はさらに危うくなりそうだ。

 ドイツ地元メディアから「望みなし」と断言された日本の背番号「10」は、再び定位置を取り戻すことはできるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/1(土) 17:26

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ