ここから本文です

武藤、2度目の診察へ。クラブは深刻な負傷懸念も、ヴォルフスブルク戦出場可能か

フットボールチャンネル 10/1(土) 10:40配信

 アジア最終予選イラク戦、オーストラリア戦のメンバーに選出されたマインツの武藤嘉紀は2度目の診察を受けることになるようだ。1日、ドイツ紙『ビルド』が報じている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 武藤は29日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ガバラ戦で41分に先制ゴールを挙げ、マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれていた。しかし、84分に負傷交代を余儀なくされ、怪我の具合が心配されていた。

 記事によると、右膝の外側を負傷したとされる武藤は9月30日にマインツ大学MRI検査を受け、医師団は2度目の診察を行うとのこと。マインツ側としては深刻な怪我を負ったのではと懸念している一方で、2日に行われるヴォルフスブルク戦への出場も可能性も残しているようだ。

 ここまで公式戦5試合で200分間の出場で3ゴールと好調を維持している武藤の怪我が深刻になれば、マインツ、日本代表ともに大きな痛手となりそうだ

フットボールチャンネル

最終更新:10/1(土) 10:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。