ここから本文です

バルサ、アルゼンチン代表を率いたマルティーノ氏、MLS新規参入クラブ監督に就任

フットボールチャンネル 10/1(土) 11:20配信

 バルセロナ、アルゼンチン代表などで監督を務めたヘラルド・マルティーノ氏が2017シーズンからメジャーリーグサッカー(MLS)に参入するアトランタ・ユナイテッドの初代監督に就任した。アトランタ・ユナイテッドが公式HPで発表した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 マルティーノ氏はパラグアイ代表、バルセロナ、アルゼンチン代表などの監督を歴任。パラグアイ代表で監督を務めていた際には、2010南アフリカW杯のベスト16で日本代表とも対戦をしている。

 また、アルゼンチン代表では昨年行われたコパ・アメリカではチームを決勝まで導いたものの決勝でチリに敗れ、大会後に辞任をしていた。

 監督復帰の舞台としてアメリカを選んだマルティーノ氏。“新規参入チームの初代監督“という大きなチャレンジに挑むことになった。

フットボールチャンネル

最終更新:10/1(土) 11:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革