ここから本文です

「英国人監督にとっては名誉だが…」パーデューはイングランド代表監督就任を否定

フットボールチャンネル 10/1(土) 12:20配信

 クリスタルパレスのアラン・パーデュー監督はイングランド代表監督就任を否定した。29日、英紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 EURO2016後に就任したサム・アラダイスが国際サッカー連盟(FIFA)やイングランドサッカー協会(FA)によって定められた第三者(クラブ以外の投資ファンドなど)による選手保有を禁止するルールをかいくぐるための指南役として大金が絡んだ契約を結んだと報じられ、事実上の解任。FAは後任監督を探すことになった。

 パーデュー監督は現在プレミアリーグで監督を務める4名のイングランド人の中で最もトップチームでの監督経験を持っており、次期イングランド代表監督の候補として名前が挙がっている。

 「(ボーンマスの監督)エディー・ハウが英国人監督にとって代表を率いることは名誉だとコメントしたが、私もそれに同意だ」とパーデュー監督は発言する一方で

 「私は素晴らしい関係を築いたチェアマンがいる素晴らしいクラブで仕事ができてとても幸せだ。私はここでの仕事に完全に焦点を合わせている」とイングランド代表監督への就任を否定している。

 なお、FAは10月に行われるマルタ戦とスロベニア戦、11月に行われるスコットランド戦、スペイン戦の計4試合をガレス・サウスゲート氏を暫定監督とし、その間に次の監督を探し出すとしている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/1(土) 12:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。