ここから本文です

岡崎vs吉田は実現するのか? 118年前から続く伝統の一戦、勝負の鍵はサイドの攻防にあり【注目試合プレビュー】

フットボールチャンネル 10/1(土) 13:00配信

 現地時間2日、プレミアリーグ第7節でレスター・シティとサウサンプトンが対戦する。歴史ある2クラブにはともに日本人選手が在籍しており、彼らの直接対決が見られるかもしれない。上位を狙うため波に乗りたい両者の対戦で鍵を握るポイントはどこか、日本人対決は実現するのか、伝統ある一戦の行方を占う。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

伝統の一戦。鍵を握るサイドの攻防

 レスター・シティとサウサンプトンが初めて対戦したのは118年前、1898年1月29日のことだった。それから剣を交えること82回。レスターが25勝、サウサンプトン31勝、引き分け26回とほぼ互角の戦いを繰り広げてきた。

 83回目の対戦はどちらか。勝負の鍵は両サイドの攻防にありそうだ。サウサンプトンは公式戦5試合負けておらず、好調を維持している。その要因は両サイドバックの働きにあった。

 前節3-0で勝利したウェストハム戦で、サウサンプトンのサイドバックはハイライトに何度も登場した。それもそのはず。ボールタッチ回数は左のライアン・バートランドが54回、右のセドリック・ソアレスが65回を記録し、それらの多くが相手陣内だった。

 4-3-1-2のフォーメーションを採用し、中盤は3枚のセントラルMFとトップ下で構成するサウサンプトンは、ペナルティエリアの幅で攻撃を組み立てながらサイドバックの攻め上がりを促す。そして機を見て飛び出したインサイドハーフや、オーバーラップしたサイドバックに展開してチャンスを作っていく。

 ウェストハム戦ではバートランドが先制点をアシストし、セドリックは果敢な飛び出しで惜しいシュートを放った。また、中央に人を多く配置しているため、高い位置をとったサイドバックがボールを持った際に、3人ないし4人が躊躇なくペナルティエリアに入ってゴールを狙う。

 エンゴロ・カンテという超一流のフィルターを失ったレスターの守備陣はボールを奪う位置が低くなりがちで、センターバックの足回りの悪さが目立ってしまっている。俊敏さに欠けるウェズ・モーガンとロベルト・フートの2人が押し寄せるゴールハンター達をいかに止めるか注目だ。

1/3ページ

最終更新:10/1(土) 14:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。