ここから本文です

永井ハットで名古屋が残留圏内の14位に浮上!敗れた福岡は降格の可能性も…

SOCCER DIGEST Web 10/1(土) 15:55配信

名古屋が今季初の5ゴールで快勝!

[J1第2ステージ14節]名古屋5-0福岡/10月1日(土)/パロマ瑞穂スタジアム
 
 J1第2ステージ14節の名古屋対福岡が10月1日、パロマ瑞穂スタジアムで行なわれ、5-0で名古屋が快勝した。
 
 名古屋は18分にハ・デソンのミドルで先制。さらに36分には田口のラストパスを受けた永井が左足でチームの2点目を沈め、前半を2-0で折り返す。
 
 後半に入ると、47分に永井が豪快なミドルを沈め、55分にも永井がこぼれ球に詰めてハットトリックを達成した。さらに終了間際の86分には田口のCKを途中出場の酒井が沈め、今季初の大量5ゴールで福岡を一蹴した。
 
 一方の福岡はハーフタイムにDF冨安に代えてMF為田をピッチへ送り込み、攻撃をテコ入れする。さらに57分には金森に代えて平井、75分には城後に代えて邦本を投入して反撃を狙った。しかし、ゴールは遠く、1点も返せずに終了の笛を聞いた。

【PHOTO】フットボーラーの「美人すぎる」、「セクシーすぎる」妻&恋人たち

 結局、試合は5-0で名古屋が勝利。名古屋は年間勝点を29とし、暫定ながら甲府と新潟を抜いて残留圏の14位に浮上した。

 敗れた福岡は年間最下位のまま。15時キックオフの磐田×新潟、16時30分キックオフの甲府×横浜の結果次第で、今節にもJ2降格が決まる可能性がある。

最終更新:10/1(土) 18:42

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。