ここから本文です

「悔しい想いさせられてきた」G大阪相手に浦和が4発快勝!! 高木が2戦連発!

SOCCER DIGEST Web 10/1(土) 16:14配信

立ち上がりに高木が先制弾、後半に3ゴール!

[J1第2ステージ14節]浦和 4-0 G大阪/10月1日/埼玉

 浦和がここ2シーズン、終盤戦で煮え湯を呑まされ続けてきたG大阪を相手に4ゴールの快勝を収めた。

3000人超のファンが「日本代表に呼んで欲しかった選手」。FWとMFの投票ランキングは?



 試合は開始早々の6分に動いた。右サイドで駒井が起点を作ると、小気味いいパスワークから武藤が縦に抜け出す。武藤の鋭い折り返しに、高木が右足で合わせ、ゴールネットを揺らし、浦和が先制した。

 その後も浦和がボールを支配し、再三G大阪ゴールに迫るが、前半は1-0で終了。後半に入ると、やはり立ち上がりに浦和が追加点を奪う。50分、右サイドから攻め込んだ浦和は、武藤が左足のシュートを放つと、これが相手DFに当たりながらもゴールに吸い込まれる。

 浦和の勢いは止まらず、83分に宇賀神、87分にはズラタンが加点し、結局4-0でG大阪に快勝した。

 試合後、先制点を奪った高木は、
 「ガンバには悔しい想いをさせられてきた。こういう試合でしっかり勝てて、ようやく苦手意識がなくなったかなと思う」
と語り、ここ数シーズンの苦い経験を払しょくする勝利を喜んだ。

最終更新:10/1(土) 18:26

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。