ここから本文です

公式戦4連敗中の宿敵相手の勝利に浦和・ペトロヴィッチ監督「過去の経験が活きたゲーム」

SOCCER DIGEST Web 10/1(土) 17:40配信

「内容的には上回っていたが、結果的に負けることが試合が多かった」

[J1第2ステージ14節]浦和 4-0 G大阪/10月1日/埼玉

 昨季第2ステージでの敗戦から、G大阪に4連敗中だった浦和が、うっ憤を晴らす快勝劇を演じた。

【浦和 4-0 G大阪 PHOTO】 宿敵相手に浦和が4発快勝!



 この勝利を浦和のペトロヴィッチ監督は、「過去の経験が活きたゲーム」と振り返った。
「我々はここ最近の公式戦で4試合負けていた。過去の結果を分析し、選手たちとしっかり話し合ってトレーニングを積んできたなかで今日のゲームを迎えた」

 昨季第2ステージ14節(1-2)から、チャンピオンシップ準決勝(1-3)、天皇杯決勝(1-2)、そして今季の第1ステージ10節(0-1)と、浦和は重要な局面でことごとく敗れ去ってきた。さらには一昨年も優勝を目前にした32節で対戦し、0-2と苦渋を呑まされ、G大阪に奇跡の逆転優勝を許している。

「過去のゲームを振り返ると、内容的には我々が上回っている時間が多かったが、結果的には負けていることが多かった。そのなかで、我々はどう戦うのか。そういったことを選手たちと話し合った」

 しかし、ここ数シーズンの相性は悪かったとはいえ、「状況から言えば相手が勝たなければいけないゲーム」(ペトロヴィッチ監督)だったこともあり、浦和は冷静に守備ブロックを構築しながら、要所で効果的なカウンターを発動し、ゴールを重ねた。

 最終目標まで大きな山をひとつ乗り越えた。ペトロヴィッチ監督は、「選手たちがやるべきことを実行してくれた。内容も含めて勝利に値する試合だった」と、冷静な口調で選手たちを讃えた。 

最終更新:10/1(土) 18:28

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。