ここから本文です

スティング、ロックに回帰した新曲『アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー』

ローリングストーン日本版 10/1(土) 11:00配信

『アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー』は、元ザ・ポリスのフロントマン、スティングのニュー・アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』に収録される。

【動画あり】スティング、ロックに回帰した新曲『アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー』

スティングが、バンドメンバーとレコーディング・スタジオで演奏を楽しむ(スティングは屋根にまで登ってしまう)姿がMVに収められた新曲『アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー』は、ニュー・ソロ・アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』に収録されている。MVの監督を務めたのは、ロバート・フランシスとジェイソン・ムラーズのMVを制作したジェフ・コフマン。本作は、ザ・ポリスのフロントマンだったスティングが、ジャズに影響を受けたミュージカル『The Last Ship』をはじめとしたクラシカルな作品の数々を経て、久々に制作した純粋なロック・アルバムで、11月11日にリリースされる。

本アルバムの制作に際し、スティングはいつものバンドメンバーであるザ・ラスト・バンドレーロスのギタリスト、ドミニク・ミラー、ドラマーのヴィニー・カリウタ、ジョッシュ・フリーズを招集した。スティングによると、アルバムは数週間のうちに自然に完成したという。

「音楽作りは、未知のものを探し求める旅みたいなものなんだ」と、スティングは語っている。「このアルバムはエネルギッシュで騒がしいところに行き着いたけれど、同時に気持ちのこもった作品にもなったよ」。

アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』は、CDとレコードと並行してデジタル配信もされる予定。デラックス版には、『アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー』のLAヴァージョンを含む、3曲のボーナストラックが収録される。その他の2曲は、ザ・ラスト・バンドレーロスと演奏したザ・ポリスのライヴ・ヴァージョン『ネクスト・トゥ・ユー(ライヴ・アット・ロックウッド・ミュージック・ホール)』、『インシャラ(ベルリン・セッションズ・ヴァージョン)』となる。スーパー・デラックス版には、スティングによるライナーノーツ、スティングのインタヴューと『ネクスト・トゥ・ユー』のパフォーマンスや写真が収録されたDVDも付いてくる。

Translation by Sahoko Yamazaki (RSJ)

Kory Grow

最終更新:10/1(土) 11:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。