ここから本文です

オフィス用品専門家のデスクはやっぱりきれい!?【デキる男の仕事場拝見】

HARBOR BUSINESS Online 10/1(土) 16:20配信

 いい仕事はいい環境から生まれる。われわれが勤務時間の大半を過ごす“デスクまわり”を、達人はどのように作り上げているのか?

⇒【画像】野原淳氏のデスク周りの様子

◆オフィス用品の専門家・野原 淳[キングジム・営業推進部]

 ファイリング用品を中心に、「テプラ」や「ポメラ」などのオフィス用品を多数開発している文具メーカーの「キングジム」。同社営業推進部の野原淳氏は「ファイリング研究室」という部署でコンサルタントをしていたこともある“整理のプロ”だ。

 そんな野原氏のデスク整理のポイントは、モノの置き場所をとことん厳密に決めること。引き出しの中には、ハレパネ(店頭POPなどで使用される薄手のスチレンボード)を切り抜いて自作した“型”を敷いて、使ったものを元の位置に確実に戻せるよう工夫している。

「工場などではよく使われている手法なんです。工具の置き場所がイラストで表示されており、欠けているものがあれば一発でわかるように“見える化”されている。それを引き出しに応用しました。定位置がぽっかり空いていると、どうしても気持ち悪いので、自然とモノを元に戻す習慣がつきます」

 ペンや付箋などの文具は、必要になってから“ない”ということになると、すぐによそからスペアを持ってきてしまい、結果、同じアイテムが何個も引き出しの中にある――なんて事態を招きがちだが、このシステムなら、そんなモノと時間のムダを撲滅できる。

「ボードを自作する時間は1時間ほどですが、アッという間にモトは取れます」

 定位置を厳密に決めているのは、PCのデスクトップも同じ。「今日やること」「近々やること」などのゾーンに分けてショートカットを配置すれば、今、何をやるべきか、一目瞭然だ。<取材・文/HBO取材班>

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:10/1(土) 16:20

HARBOR BUSINESS Online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。