ここから本文です

日産新型「マイクラ」は5代目で大変革!元気な日産に期待します【パリモーターショー16】

clicccar 10/1(土) 18:08配信

今年も来ました!「パリモーターショー」通称「パリサロン」。

秋の欧州でのモーターショーといえば、ドイツ・フランクフルト、そしてこのパリのモーターショーが隔年開催され、今年はパリの年。
フランクフルトに比べると、広さはそれほどではありませんが、それでも欧州で行われるモーターショーということで欧州メーカーの気合は十分。
6つのホールで7フロアが使われていますが、第1パビリオンにフランスメーカーが集約されていて、今回はプジョーはSUV「3008」と「5008」、シトロエンは「C3」、ルノーはEVスポーツカーのコンセプトカー「トレゾア」をそれぞれ発表。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

そしてルノー傘下の「日産も新型「マイクラ Gen5」(日本名 マーチ)を世界初公開。
「マイクラ(マーチ)」といえば、日産の主力モデルだったにもかかわらず、現行型の4代目はデザインも残念。さらにトピックだった「タイ生産」ということも、特に日本ではむしろイメージダウンとなってしまった可哀相なモデル。

しかし、「マイクラ」は5世代目でまたまた大きく舵を変えスタイリッシュ方向に大転換。

日産自動車の専務執行役員でチーフクリエイティブオフィサー(CCO)の中村史郎氏は「マイクラとGT-Rは同じDNAで繋がっています」と、今後の日産デザイン方向性が決まったことを示唆。

これで、日産の「デザイン迷子」は終止符を打つのかもしれません。

ルノー・日産アライアンスはその他にもダイムラー社と共同記者会見を行い、「今年で7年目を迎えた両社のパートナーシップをより発展させる」とのこと。両社は部品からプラットフォームなどを共同開発、共同生産し、来月にはメルセデスベンツから「GLT」というピックアップトラックを発表。
私も元気な日産を期待しています!

(吉田 由美)

From Motor Fan’s Year

最終更新:10/1(土) 18:08

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。