ここから本文です

読売新聞「ナベツネ」が気になる築地跡地

デイリー新潮 10/1(土) 12:01配信

〈新しい秩序を打ち立てるということくらい、難しい事業はない〉

 イタリアのルネサンス期の思想家、マキャベリが『君主論』で著した言葉だ。この書を愛読し、「稀代のマキャベリスト」と称される、かの人物の心境としては、「秩序」の文字を「球場」に置き換えれば、しっくりくるに違いない。ナベツネこと、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄・代表取締役主筆(90)である。なにしろこの数年、ナベツネ主筆は、巨人軍の東京ドームからの本拠地移転を模索しながら、果たせずにきたからだ。さらに最近では、この新本拠地探しに、渦中の豊洲移転問題が暗い影を落とし、気を揉んでいるという。

「巨人が自前の新球場を持ちたがっているのは事実。東京ドームの使用料が年間30億円もかかるうえ、看板広告や売店でのグッズ収入もドーム側に入るため、独自の球場ビジネスが展開できないからです」

 と内幕を明かすのは、ある球団関係者である。

「これまで江戸川区の葛西や品川、渋谷などで新球場建設の用地を探してきましたが、確保のメドが立たず、頓挫してきた。そこで最近、目をつけていたのが、築地の跡地でした」

 築地を抱える中央区の矢田美英(よしひで)区長もこう語る。

「跡地の再開発については、テーマパークやホテルなどたくさんのアイデアが寄せられています。確かにその中に、巨人がドーム球場を作るという話もありました。春先、球団幹部と話す機会があり、確認したら、“まだプランとして消えてはいない”と言っていました」

 跡地の広さは東京ドーム5個分もあり、充分だ。先の関係者によれば、

「朝日新聞本社の目と鼻の先で、球場を見せつけられるのも気分が良いから、候補地として申し分ない。ところが延期となったから、主筆は気もそぞろなのです」

「特集 地下に溜まった怪しい強アルカリ水! ピラミッドより謎多き豊洲の巨大建造物! 意味不明が多すぎる『豊洲のパンドラ』20の疑問」より

「週刊新潮」2016年9月29日号 掲載

新潮社

最終更新:10/4(火) 16:01

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。