ここから本文です

GAO 『サヨナラ』は「歌う人の本質が投影される曲」

NEWS ポストセブン 10/2(日) 7:00配信

 中性的な容姿とハスキーボイスでファンを魅了し、1990年代、セカンドシングル『サヨナラ』がミリオンヒットとなった歌手のGAO。今年デビュー25周年を迎えた彼女の近況や、音楽への熱い胸中を語ってもらった。

――今年でデビュー25周年、一番力を入れていることは?

GAO:今はインディペンデントな立場で、音楽制作やGAO主催のイベントをしています。月に2、3日くらいはライブをしています。

 私が音楽を始めたのは中学生の頃です。姉たちが使わなくなったアコースティックギターを引っ張り出して、弾き語りを練習したのが、初めての音楽活動でした。その頃の心境に戻って作った即興ソングをTwitterにアップしています。即興なので、どんなメロディーが出てくるのか、自分でもわからないんですけど、自分の中にしみついているルーツみたいなものが出て、おもしろいですね。

 真夜中に部屋で弾くこともあって、囁くように歌っていたりします。聴いた方からは「部屋の中にGAOさんがいて、隣りで弾き語りをしている感じがする」という感想をよくもらいます。即興ソングが好評だったので、臨場感をそのままにCDにして、その曲のライブを行いました。

――プライベートではまっていることは?

GAO:音楽づくめですね。ずっとアコギを弾いていたので、今年は指先にまめができました。まめができるまでは痛いんですけど、できてしまえば痛くないんですよね。

 ここ数年、はまっているのは筋トレです。筋肉は死ぬまで発達するものだそうで、大人になっても成長するものがあるんだって、すごく惹かれて。今では、腕はアスリート並みの筋肉量になりました(笑い)。

――テレビではデニム愛を熱く語るなど、楽しい人柄でしたが、キャラクター変更をした?

GAO:いえ、普段はあんな感じですよ。みなさん、プロモーションビデオのイメージが定着しているんでしょうね。デビューして数年はクールなイメージで作っていたので、写真を撮るときは、笑わないことが多かったんです。

1/3ページ

最終更新:10/2(日) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。