ここから本文です

ドラマ『キャリア』 遠山の金さん彷彿させるキャラの理由

NEWS ポストセブン 10/2(日) 16:00配信

“視聴率をとれるのは刑事ドラマだけ”なんていわれるようになって久しいが、この秋スタートの刑事モノを数えると、なんと11作品も。その中でもドラマに詳しい漫画家のカトリーヌあやこさんがオススメする1作、『キャリア ~掟破りの警察署長~』(フジテレビ系・10月9日スタート、毎週日曜21時~)にクローズアップをあてる。

 キャリア出身の警察署長でありながら、気になることがあると自ら街に出て事件を解決する遠山金志郎に玉木宏(36才)が。金志郎と対立するベテラン刑事役に高嶋政宏(50才)、女性刑事役に瀧本美織(24才)が扮する。

 江戸町奉行が活躍する時代劇、『遠山の金さん』を彷彿させるキャラにした理由を番組プロデューサー・永井麗子さんは言う。

「ニュースでストーカーやいじめ事件が起きたとき、被害者からのサインが出ていたのに警察が動けない現状に虚しさを感じていたので、そんな小さなサインを見逃さないヒーローがいてくれたらという思いがありました。そこで街をフラフラして、市民に寄り添い、悪を成敗する遠山の金さんの名をお借りしたのです」(永井さん)

 金志郎はキャリア出身のエリートでありながら、ひょうひょうとした人柄の変わり者。Tシャツにチノパン、カジュアルなカーキ色のコートと、ファッションも今どきの若者風で、街を歩いていても誰も警察署長とは気づかないが、街で起きる事件を次々と解決する。

「金さんのような桜吹雪の入れ墨はありませんが、警察手帳をふりかざして悪を成敗するお約束の名乗りシーンがあります」(永井さん)

 刑事と時代劇の異色な掛合わせに、ドラマに詳しい漫画家のカトリーヌあやこさんは期待を寄せる。

「玉木さんは連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)ではちょんまげ姿がとってもさまになっていましたね。妄想シーンでもいいから、ちょんまげになってほしいですよね」(カトリーヌさん)

 金志郎と対峙するノンキャリアのベテラン刑事、そして時代劇ではお約束の、殿様がいなくなってあたふたする“爺や的存在”の副署長も登場。1話完結型で、毎回登場するゲスト俳優にも注目を。

※女性セブン2016年10月13日号

最終更新:10/2(日) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。