ここから本文です

おしゃれ上級者に見える!「ボーダー」着こなし術

東京ウォーカー 10/2(日) 20:00配信

様々な素材や形で出回っていて、誰もが一枚は持っているボーダー。人気ブロガーでパーソナルスタイリストのYokoさんの着こなしテクにかかると、定番のボーダーもおしゃれ上級者に見えるから不思議。そのコツとは…?

【写真を見る】個性的すぎるかも?と心配な人は、ボーダーと柄を離すとチャレンジしやすく、かわいい!

■ ボーダーは+柄ものでアカ抜け

どんなアイテムとも合わせやすい定番の万能選手だからこそ、おしゃれ感を出すにはちょっとした工夫が必要です。おすすめなのは、柄をプラスすること。ちょっぴりおしゃれ上級者風に見える、簡単テクニックです。迷彩柄やレオパード柄などの個性的な柄は、慣れないと少し抵抗がある人もいるかもしれません。そんな場合は、バッグの一部や靴など面積の小さいところからスタートして。また、一見ミスマッチになりがちな花柄は、ボーダーと色を合わせるとスッキリとまとまります。



まずは手持ちのボーダーでさっそく試してみて!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/2(日) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。