ここから本文です

スホ(EXO)の初出演映画公開「また映画に出るなら制服を着て、学園モノに」

週刊女性PRIME 10/2(日) 16:00配信

 韓国を代表するK-POPグループ“EXO”のリーダー・スホが出演する映画『グローリーデイ』が、10月8日より日本で公開に。

「いくつかのシナリオを読みましたが、この『グローリーデイ』がいちばん目にとまり、面白く感じました。絶対に出演したいと思いましたし、生涯、忘れられない初出演作になると思います」

 大切な映画になったと振り返る。

 劇中では、20歳になったばかりの4人の青年が冷酷な世の中に直面するさまが描かれているが、スホ自身が20歳だったころは、

「(事務所の)練習生でもあり、大学に入学するタイミングでした。脚をケガしていたので、学業とレッスンを両立するのがとても大変だった思い出があり、僕にとっては試練の時期でした」

 今でこそ韓国のみならず、日本でも2年連続でドーム公演を行うほどの人気アイドルへと成長したEXOだが、彼自身は約7年間の練習生期間を経てデビューを果たしている。礼儀正しく模範的な姿勢は、スクリーンでもまぶしく輝くに違いない。

 仲間と旅行するシーンの撮影がとても楽しかったらしく、

「今後また映画やドラマの作品に出演する機会があるとしたら、正直どんな役でもかまいません。あえて言うのなら……制服を着て、学園モノなどをやってみたいですね」

 きっと、その機会もすぐに訪れるだろう。ひとりの俳優として演技に挑んだスホの姿を、ぜひ劇場で見届けてください。

<作品紹介>
◎『グローリーデイ』
高校を卒業し20歳になった4人の若者が、入隊前の思い出づくりの旅行へ出かけた。自由を満喫していた4人だったが、旅先で遭遇した事件によって運命が大きく変えられることに――。2016年10月8日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー。配給:クロックワークス

最終更新:10/3(月) 12:51

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

なぜ今? 首相主導の働き方改革