ここから本文です

丸佳浩、菊池涼介、田中広輔……5年先を見た一気通貫のスカウティングで、将来の主軸候補を発掘

ベースボールチャンネル 10/2(日) 6:50配信

「丸?たいしたことない」といわれても揺らがなかった信念

 過去5年間をさかのぼると、今季起こったカープ躍進の予兆を見てとることができる。

 2011年、高卒4年目の丸佳浩が131試合に出場し、外野のレギュラーを奪取。翌年には野村祐輔と菊池涼介がルーキーとして入団している。2013年9月には高卒1年目の鈴木誠也がプロ初出場を果たし、その翌月、ドラフト3巡目でJR東日本から田中広輔を指名した。

「この選手は5年後、うちで今レギュラーを張っている選手の後継者になれるかと見ながら、獲得候補を探しています」

 チーム方針についてそう語るのは、苑田聡彦スカウト部長だ。今季四半世紀ぶりに果たした優勝の種は、5年以上前からまかれていたのである。

 苑田スカウト部長によれば、ドラフトで指名するのは高校生、そして高卒から社会人に進んだ選手が中心になる。それでも、「怪物」や「××二世」という仰々しい形容詞の大器ばかりに目をくれるのではない。もちろん、即戦力として期待できる大学生、社会人を集めるのに躍起になるわけでもない。

 カープの指名には、明確な指針がある。「今のチームにはどういう選手が必要なのか」というものだ。この点にこそ、チームづくりにおける哲学が透けて見える。

 苑田スカウト部長が説明する。

「一般的にいう『いい選手』ばかり集めても、ポジションが重複したら活躍の場がなくなってしまいます。いい選手ばかり追うのではなく、うちのチームのレギュラーが年をとってきた場合、あるいは思ったより力が伸びていないとき、そのポジションを補強していくのがカープの伝統です」

 カープのスカウトに求められるのは、とにかく試合や練習に何度も足を運び、自分の目で見抜くことだ。同時に一軍、二軍の状況を把握し、数年先に戦力になれる素材を発掘していく。そうして見つかったのが、今や打線の中心となっている丸である。

「丸? 大したことないですよ」

 まだ丸が高校生の頃、千葉経大附高野球部の松本吉啓監督は、称賛の言葉を送った苑田スカウトに対してそう返したことがある。

 二人の会話は、ボタンのかけ違いだった。指揮官はエース投手だった丸について答えた一方、苑田スカウト部長は外野手としての可能性を見出していたのだ。

 千葉の天台球場で丸がライトを守っているとき、返球の際に肩の強さを見て「これは抜けているな」と苑田スカウト部長は感じた。そうして、現チームの屋台骨は発掘された。

1/3ページ

最終更新:10/2(日) 6:50

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。