ここから本文です

中小企業やベンチャーで20代の管理職が生まれる理由

@DIME 10/2(日) 9:10配信

 中小企業やITベンチャーを取材していると、20代の管理職を見かける。「マネージャー」「グループ・リーダー」などといった役職が名刺に書かれている。本人や広報部の社員に聞くと、管理職の役職名だという。中には、部長や執行役員もいる。なぜ、中小企業やITベンチャーでは、20代の管理職がいるのか。今回は、その背景をこれまでの取材経験で知り得たことを元に考えてみたい。

■「人材難」だから

 20代で管理職になる人が多い中小企業やベンチャーは、「人材難」となっている可能性が。学生たちから人気のある大企業のように、入社時の採用試験のレベルが高く、入社後の定着率も高いのであれば、まず人材難にはなりえないはずだ。むしろ、社員数が多く、あり余るほど人材がいる。ゆえに、管理職になる年齢が早くても30代半ば以上になるというわけだ。一方で、20代で管理職になる人が多い企業は、新卒にしろ、中途にしろ、入社する人のレベルが全般的に低い傾向がある。定着率も高いとは言い難い。30代前半までに辞めていく人の数も比較的多い。自ずと20代で管理職になる年齢も高くなる。

■社長や役員の年齢も若い

 20代で管理職になる人が多い企業は、社長や役員の年齢も大企業の役員に比べて、低いケースが多い。30代であるケースも多いし、中には20代後半という企業もある。これは大企業にもいえることだが、社長や役員は自分より年齢が上の人を部下にすることを避ける場合が多い。年上に、指示・命令をしたり、叱ったりすることにためらいを感じるからだろう。20代の人を管理職にして、命令をしたり、叱ったりするのは、20~30代の社長や役員にとっては、精神的にも負担が少ないはずだ。

■会社としてアピールするものがない

 企業は規模に関係なく、新卒や中途採用などにおいて自社をアピールするポイントが必要だ。ここ数年は、景気が回復傾向にあるのと、少子化も進んでいるということもあり、中小企業、ベンチャーなどは優秀な人材を獲得することがどんどん難しくなっている。そんな状況で、社長や役員など経営陣が考えるのが“20代の管理職”だ。「こんなに若いうちから部下を持って活躍できる会社だから、ウチの会社に来ない?」と学生たちに訴えようとする。だが、実際のところは、他にアピールするものがないという事情がある。賃金や労働時間、福利厚生、社員教育、オフィス環境など、いずれを見ても、大企業などと比べて見劣りする。それでも、採用戦線では優秀な人材を獲得するために他社と競わなければならない。だからこそ、20代管理職を強引に作る必要があるのだ。

■実は“名ばかりの管理職”

 中小企業やベンチャーで20代で管理職になっても、大企業の部長や本部長のような人事権や予算、予算決定権を持つ管理職になる可能性は低い。実際のところ、大企業でいえば、課長の下の課長補佐の下の「主任」レベルに近いはずだ。ちなみに、大企業では主任のことを管理職とは呼ばない。そもそも、20代で管理職になる人が多い会社は、社長や一部の役員らが、全社員の人事権を完全に掌握している場合が多い。だからこそ、20代の社員を抜擢できるのだ。言い換えると、20代の管理職は“名ばかりの管理職”であるケースが多く、20代の非管理職の社員と扱いはさほど変わらないはずだ。

■人件費の管理

 多くの企業にとって、人件費のコスト管理が重要な課題となっている。全社員の人件費を厳密に管理するためには、管理職全体の人件費を一定額できちんとコントロールすることが前提となる。その1つの方法として、管理職に昇格させた後、残業代を「管理職手当」で処理しようとする。例えば、月に80時間を働いたとしても、毎月数万円の管理職手当を支払い、その手当に残業代が含まれるとする会社もある。

 本来は、管理職であろうとなかろうと、残業したらその全額が残業代として支給されなければならない。「サービス残業」という言葉は誤りなのだ。「サービス」=「奉仕」であってはならないのだ。あくまで賃金を代価として得る労働である。ところが、このあたりを曖昧にして人件費を管理しようとする会社は、今でも多い。20代の管理職が誕生する背景には、人件費の管理が厳しくなっているという事情もある。

 日本の企業では、管理職に昇格させようとする時に、厳格な審査が行なわれることが少ない。これは、大企業から中小企業まで、共通して言えることである。非管理職の頃の人事評価や勤務態度、上司の推薦、入社年次、年齢、性別、今後ののびしろなどを含め、検討はされているはずだ。しかし、部下を持つ身になる、つまり、マネージャーとしての適性や資質、潜在的な能力などを、責任ある立場の複数の人がきちんと見定めた上で判断したのかというと、そうとは思えない場合が多々ありそうだ。20代の管理職が生まれる背景には、こんな歪んだ「管理職登用」の文化が存在する。

文/吉田典史

@DIME編集部

最終更新:10/2(日) 9:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き