ここから本文です

障がい者も主役の秋津まつり、ノーマライゼーションのまち育て

Wedge 10/2(日) 11:20配信

 「お父さん、あの人、なんかヘンだよ」

 いま3歳児の母になった私の娘が5、6歳のころ、秋津のまちにできたばかりの障がい児者(この言葉、いやだなぁ)の通所施設に通うために、まちなかをいくかたの様子を見ていいました。

 娘に私はキチンと話すと同時に思いました。

 「ああ、普段から接していないままに育つと、こういうモノいいになるんだな」と。

 だからこそ、同じまちにいて当たりまえの、そんな秋津にしたい! と思いつづけてきました。

 9月は8月のリオ・オリンピックに引き続き、リオ・パラリンピックのテレビ観戦で熱狂しました。

 さまざまなハンディを負いながらも自らの意志でハンディを前向きに抱え込みベストをつくすアスリートたちの姿、その苦難の人生のエピソードなどにも感動しながらね。

 そんなことから、今回はノーマラーゼイションのまち育てと学校づくりの秋津の話をしますね。

いいじゃない! 福祉施設のあるまち

 秋津のまちは東京湾の埋め立て地にできたために公的な余裕敷地が多く、長いこと手つかずで原っぱのままのところもありました。

 習志野市の社会福祉協議会の本部や障がい児者の施設などがある総合福祉センター横の敷地も、長いこと原っぱのままでした。

 そこに「新・総合福祉ゾーン構想」が具体化し、特別養護老人ホームやデイケアサービスセンターがつぎつぎにできました。

 ハード面ではまさに、まち全体がノーマライゼイション環境の様相になってきました。

 秋津にこのような市の施設ができたことを、私はうれしく思います。

 だって、障がいをもったかたもお年よりも、市全域からやってきて、日常的に「いてくれる」からです。

 ハンディをもった人たちがいることが、健全なまちの姿と思うからです。

 そんな環境で子どもたちが日常的に育つことが大切だと思います。

 以前に千葉県主催のパネルディスカッションにパネラーの一人として登壇しました。

 そのさい、当時の退任間近の知事が「特別養護老人ホームを風光明媚なところにつくり……」なんて自慢気にいいました。

 「風光明媚なところ」とは、裏を返せば「人里離れた場所」、すなわち「土地代の安いところ」「家族や友人などが日常的に短時間で行きにくいところ」といった場所であり、含意なんですよね。

 私は「この知事、なにを勘違いしているのだろう」と思いました。

 だって、もしそのような考え方で福祉施設をつくるのであれば、棄民政策だと思うからです。

 そうではなく、障がいをもった方(最近はチャレンジャーというそうです)もこっち、今のところハンディのないかた(健常者)もこっち、つまり一緒に地域で暮らすのがよいと思うからです。

 それが、私の思い描くノーマライゼイションのまちであり社会の姿だからです。

1/3ページ

最終更新:10/2(日) 11:20

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン