ここから本文です

【写真展~10/6】「静物」として撮られた身体:ぼくらのカラダが訴えかけてくるもの

WIRED.jp 10/2(日) 9:10配信

ここに10枚の写真がある。何が写されているかといえば、例えば表面が乾燥したタラコ(左写真)、有機的なデザインのソファ、壺から取り出したばかりの梅干し、アマゾンの奥地で発見された原子生物…ではない。そのどれよりもぼくらにとっては見覚えのあるもの──ヒトの「身体」である。

【一切CG加工なしの不思議な写真、全フォトギャラリーはこちら】

亀井友吉と波戸祐輔による作品『STILL LIFE』は人体を静物(STILL LIFE)として撮影したものだ。カラフルな背景の前で「静物」として撮られた身体は、明らかに異様な存在として見る者の目に映る。異化とも変容ともつかぬこの奇妙な現象について、本作のアートディレクターである波戸は「主体から解放され、体がSTILL LIFE = 静物として独自の存在感を放ち始める」と語る。

写真そのものには特殊メイクもCG加工も使われていない。この作品に写る身体が異様で歪に見えるとすれば、つまりそれはヒトの身体が異様で歪だからにほかならない。言うなれば、これは静物画であると同時に、ぼくたち自身の肖像画でもある。この作品は、ぼくらのなかにある身体のイメージを打ち壊してしまうのだ。

現在、『STILL LIFE』をまとめて鑑賞できる写真展が開催されている(~2016年10月6日)。
---
亀井友吉×波戸祐輔『STILL LIFE』(リンクは関連記事より)
会場:CLASKA 8F “The 8th Gallery”
会期:2016年10月1日(土)~6日(木)12:00~19:00
問い合わせ:still.life.info@gmail.com
※ 入場無料
---

WIRED.jp_IS

最終更新:10/2(日) 9:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革