ここから本文です

aiko、ライブにおけるファンのコンタクト率に驚く アンケートの結果に「実際そうなんやねー!」

リアルサウンド 10/2(日) 11:01配信

 aikoが、10月1日に放送された特番『リクエストLIVE@NHK aikoの「何歌う?」』に出演。観客とのトークを交えながら、自身の楽曲を披露した。

 NHKではこれまでも2011年に『aiko Live at NHK』、2013年に『aiko LIVE at NHK vol.2』ライブ番組をオンエアしており、3年ぶりの実現となる今回はリクエスト型のスタジオライブを実施。番組では、事前にHPで楽曲のリクエストやそれにまつわるメッセージ、aikoに叶えてほしい望みなどを募集していた。

 冒頭、最新曲「恋をしたのは」を歌い上げたaikoは、「ライブで毎回『男子ー? 女子ー? そうでない人ー?』と『メガネー? コンタクトー? 裸眼ー? レーシック?』ってやるじゃない? ホンマにどれくらいの人が来てくれてるのか、ここで発表します!」とアンケート結果を発表し、メガネは17.4%、コンタクトは42.9%、裸眼は37.7%、レーシックは1.4%という割合に。実際にスタジオの観客に同じ質問をすると、アンケートの結果と同じような割合で手が上がり、aikoは「実際そうなんやねー!」と驚きの声を上げた。

 続けて「桜の時」を歌ったaikoは、リクエスト楽曲ランキングベスト20のうち、10位までを発表。aikoは「自転車」が12位に入ったことに驚きながら、「『花火』ってもっと上かと思っててん。この曲でいろんな人に聴いてもらえるきっかけを作れたんです」と「花火」にまつわる思いを語った。

 ベスト3の結果は、3位「えりあし」、2位「キラキラ」、1位「瞳」となり、aikoは3位の「えりあし」について「出した時はそんな売れなかった曲なんですよね。でもじわじわライブで歌ってたら、みんなが聴いてくれるようになった。みんなが育ててくれた曲なんですよ」とファンへの感謝を述べ、1位の「瞳」については「この曲はCDになる予定はなくて、友達が妊娠して『今、破水しました』ってメールをもらって。すぐに大阪にはいけなかったし、生まれて初めて人のために作って、スタジオで合間に録らせてもらった曲なんです」と語り、「瞳」「えりあし」を熱唱した。

 番組後半では、新曲「恋をしたのは」のMV撮影メイキングをオンエアし、スタジオライブで「未来を拾いに」「キラキラ」「be master of life」を披露し、ステージを後に。ライブさながらにアンコールの声がスタジオに響き渡ると、再び登場したaikoは「カブトムシ」をしっとりと歌い上げ、番組が終了した。

 aikoのライブにおける熱気や雰囲気、ファンとの関係性がそのまま映し出されたように感じた今回の番組。4度目の放送も楽しみにしたい。

向原康太

最終更新:10/2(日) 11:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。