ここから本文です

【法律相談】挙式2週間前に、彼の浮気が発覚! キャンセル料を払わせたい!

Suits-woman.jp 10/2(日) 16:00配信

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える連載。今回の相談者は、直子さん(34歳・コンサルティング会社勤務)です。

「異業種交流会で知り合った、40歳の経営者の彼と1年間交際し、3か月の婚約期間を経て結婚することになりました。私が男女関係に潔癖なことを知っているので、交際期間中は浮気もせず、女性がいる飲食店にも行っていないと言っていました。

その前はかなり女性問題が激しいことも聞いていたし、彼はバツイチでもあったので、そこは慎重に行動を観察していました。

でも結婚式の2週間前に、共通の男友達が、彼が私に内緒でやっている、写真専用のSNS(非公開)を見せてくれたんです。そこには、女性がいるお店でシャンパンタワーをやったり、セクシーなダンサーの胸元に顔をうずめていたり、あろうことか風俗店通いまで発覚。しかも、浮気相手と思しき女性もいました。これは婚約破棄する理由になりますか?

このSNSを見てから彼が全く信じられなくなり、LINEを見たら、婚約中でありながら出会い系サイトにも登録していました。そこで出会った女性と、具体的にやりとり(待ち合わせやホテルはどこにするかなど)をしており、かなり驚きました。

それまで、私に見せていた彼はカッコよくて、トライアスロンが趣味で、ほんとにさわやかな人だったのですが、裏の顔はただの女性好きだったんです。失望と怒りに震えます。

もちろん、結婚は止めたいと思います。彼は私と会って話したがっていますが、証拠としてLINEをおさえていますし、私は怒りで話し合う気持ちもありません。しかも今は、挙式を2週間後に控えており、式場と旅行会社に問い合わせたところ、数百万円単位でキャンセルが発生するとのこと。これを彼に全額支払わせたいと思いますが、それは可能でしょうか?」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

挙式2週間前に彼の浮気が発覚して結婚式を取り消しにしたい。浮気のやり取りはLINEでおさえているという、相談者・直子さんの質問に対し、柳原桑子先生のアンサーは以下。

「LINEのやりとりは、証拠になります。ただ、実際に婚約解消については、全面的に彼に非があるとしましょう。その上で、キャンセル料も彼の負担にすることが実現できるかどうかは、あなたの主張を彼が納得するかによります。

相手が納得しなければ、訴訟をして、裁判所の判断を仰ぐことになり、裁判で勝てるかどうかという点でいえば、浮気やそのほかの彼の行動に対する立証具合と、裁判官の心証形成によるため、確かなことは言えませんが、この立証が成功すれば、キャンセル料などを彼が負担する可能性はあると思います」



(教えてくれた人/柳原桑子さん)
第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

最終更新:10/2(日) 16:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。