ここから本文です

建物の記憶を閉じ込めた、隈研吾のガラス器。

Casa BRUTUS.com 10/2(日) 14:00配信

〈富山市ガラス美術館〉などが入る富山市の複合施設〈TOYAMAキラリ〉。その開館1周年を記念したポエティックなアイテムを、隈研吾が監修した。

新国立競技場に続いて品川新駅と、2020年開催の東京オリンピックに向けて新設される2つの施設を引き受けている隈研吾。その隈が昨年手がけた富山市の複合施設〈TOYAMAキラリ〉の、開館1周年を記念してつくられたのが、このガラスの器《キクズ》だ。

地元のスギ材をふんだんに使用したルーバーが、2階から6階までを貫く吹き抜けに立ち並ぶ内観が印象的な〈TOYAMAキラリ〉。このキクズのなかに封印されているのは、まさしく〈TOYAMAキラリ〉の内装で使われているものと同じスギ材。

キクズは隈が自身の設計をもとに監修をつとめており、楕円状をした「マル」と盃のような形の「サラ」の2種類が揃う。〈TOYAMAキラリ〉内の〈富山市立ガラス美術館ミュージアムショップ〉で販売中だ。

〈富山市立ガラス美術館ミュージアムショップ〉

富山県富山市西町5-1 TEL 076 464 3641。9時30分~19時(金曜・土曜~20時)。第1水曜日・年末年始休。

text_Hisashi Ikai editor_Akio Mitomi

最終更新:10/2(日) 14:00

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。