ここから本文です

「海外組優先」を公言したハリルジャパンで、未来に希望は持てるのか

webスポルティーバ 10/2(日) 9:30配信

 10月3日からの約10日間、サッカー界は全世界的に各国代表チームの活動期間、いわゆるインターナショナル・マッチ・ウィークに突入する。

FC東京の中島翔哉をはじめ、国内にも活きのいい若手はいるが…

 とりわけ2年後の2018年にワールドカップを控える現在は、各大陸のワールドカップ予選の真っ最中。そのため、世界の各代表チームはワールドカップ予選に向けたメンバーを発表し、そのニュースが世界各国のスポーツメディアを賑わせている。

 ハリルホジッチ監督率いる日本代表も、10月6日(イラク戦)と11日(オーストラリア戦)に予定されているアジア最終予選に向け、9月29日に今回の招集メンバーを発表。さっそく日本でもそのニュースが報じられ、話題となった。

 今回のメンバー発表で最大の焦点となったのは、これまで代表チームの主軸を担ってきた多くのメンバーが、現在各所属クラブにおいて出場機会を失っている点にあった。以前、ハリルホジッチ監督自らが、「所属クラブで試合に出場していない選手にチャンスはない」と公言していたからだ。

 しかし、いざ蓋を開けてみれば、ハリルホジッチ監督はこれまでとほぼ同じメンバーを招集。それだけなら驚きとは言えなかったが、今回のメンバーを招集した理由と背景を説明しているときのコメントには驚かされた。

「15人ほど海外組がいて、(各所属クラブの試合で)先発で出ていない選手がいる。普通の基準ならば呼べない。しかし、川島(永嗣)、長友(佑都)、吉田(麻也)、長谷部(誠)、香川(真司)、清武(弘嗣)、本田(圭佑)、岡崎(慎司)、宇佐美(貴史)、武藤(嘉紀)を外せば、誰が代わりに出るのか。かなり難しい。だから、このような選択をしなければいけなかった」

 さらに質疑応答では、ヨーロッパサッカーの優位性とJリーグのレベルについても言及。これまでも同じような発言は何度かあったが、ここまで自身の考えを明確かつ強く公にしたのは初めてのことだった。

 これらハリルホジッチ監督の発言は、確かに正論のようにも聞こえる。しかしそこには、現代表における重大な問題点が潜んでいることを、同時に考えなくてはいけない。

 つまり、このハリルホジッチ監督の発想でいくと、チームの中心となっている海外組からポジションを奪うためには、まず彼らと同じステージに立っているかどうかが最低条件になる。そしてそのためには、ある一定以上のランクにあるヨーロッパのクラブに移籍を果たし、そこでレギュラーを獲得する必要がある、ということになる。そこでようやく、ハリルホジッチ監督の中でプレーヤーとしてのクオリティを含めた比較がなされる、というわけだ。

1/3ページ

最終更新:10/3(月) 15:17

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー