ここから本文です

日曜日が憂鬱な理由とその回復方法

ライフハッカー[日本版] 10/2(日) 23:10配信

Inc.:日曜日の午後が憂鬱なのはよくある話です。週末が終わってしまい、明日から平日が始まることを考えただけで元気がなくなってしまう...。しかし、もしそんなふうに日曜日に憂鬱になってしまうとしたら、十分にエネルギーを回復&充電してストレスを解消できていないのかもしれません。

そんなあなたに、日曜の憂鬱が嘘のように晴れる9つの方法を紹介します!

1. 人生をデザインしよう。週末の目標から長期的な個人と仕事の目標を含め、自分の目標に対して意識的になることが大切です。自分が行きたい方向性や自分にとって大切なことをしっかり追い求めれば、スッキリしてエネルギーに満ちた精神状態で週末を迎えられるはずです。ストレスの多くはやることが多すぎることが原因ではありません。始めたことを終わらせられないことが多くのストレスの原因なのです。それを解決するには計画が重要です。

2. 今を大切に。あれこれ考えるよりも、今目の前にあることに慎重に丁寧に集中して取り組みましょう。一度この方法に慣れれば、ものごとを以前よりも早くそしてストレスなく達成できるようになることでしょう。なにに取り組んでいるとしても、常に自分自身と今を意識してみましょう。

3. またつながれるように、つながりを断とう。ストレスを感じすぎると週末はあっという間に過ぎてリラックスすることができません。あなたを仕事モードやストレスモードにしてしまうできるだけ多くの繋がりを断つ期間を設けてリラックスしましょう。週末は羽を伸ばすために確保すべきです。なかには週末の一定時間メールもSNSもすべて断つ「SNS断食」をしている人もいます。繋がりを断てば断つほど、また月曜日からスッキリした気分でコミュニケーションができるのです。

4. ちゃんと休んで充電しよう。生活の質を向上するために、十分な睡眠をとることはとても重要です。週末に休めるだけ休むことで翌週のためにきちんと充電できます。精神をきちんと休ませてあげれば、落ち着いた心を取り戻すことができます。夜に十分睡眠がとれなかったら昼寝をしましょう。研究によれば30分の昼寝がベストだそうですが、15分だけだとしてもリフレッシュできます。

5. 体と心に栄養を。週末は体と心に栄養を与えましょう。良いものを食べて体のシステムをリフレッシュさせます。ハイキングや自然のなかで過ごしたり、美術館を訪れるのも良いでしょう。

6. 趣味に没頭する。やっていると自信が湧いてくるもの、生産的になれるものに没頭することは感情的なストレスを緩和するとても良い方法です。自分が好きなこと、やる気がわいて幸せに感じられることをやってみましょう。自分が確かにそれを好きだと思える状況でこそ物事は成就します。

7. 恩返しをしよう。自分を幸せにできる唯一の方法は恩返しです。自分以外の誰かのためになにかをしましょう。地元の炊き出しやシェルターで1時間ボランティアでもなんでも良いので、やってみると週末の満足度が違います。そして、なにより人の役に立つことができるのです。

8. 運動しよう。適度な運動とアクティビティで平日のストレスを吹っ飛ばしましょう!ストレスフルな仕事や生活を送っている人にとってフィットネスはきわめて重要です。スポーツ、散歩、ランニング、ジム通い、スピンクラス、ヨガなど血流とエネルギーを向上させるための運動をなんでも良いからやってみましょう。自分へのご褒美も用意することも忘れずに。

9. 大切な人のために時間をつくる。平日は仕事の締め切りや雑務に追われて友人、家族、コミュニティとかかわる時間がとれないものです。だからこそ週末はあなたにとって大切な人たちのために時間を作りましょう。ご飯を食べるのでも、ただ一緒に外出するのでも良いので計画をたてます。一緒にいて楽しい人と深井レベルで繋がることは翌日頑張るためのエネルギーになりますよ。

The Sunday Blues: Why We Get Them, and How to Cure Them | Inc.
Lolly Daskal(訳:wasabi)
Photo by Shutterstock.

最終更新:10/2(日) 23:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック