ここから本文です

天王洲がアートの街に。〈TERRADA Art Complex〉がオープン!

Casa BRUTUS.com 10/2(日) 16:00配信

東京の玄関口、品川駅と天王洲アイル駅の間にアートの複合施設〈TERRADA Art Complex〉が誕生した。

日本のコンテンポラリーアートシーンを牽引する4つのギャラリー〈ユカ・ツルノ・ギャラリー〉〈URANO〉〈YAMAMOTO GENDAI〉〈児玉画廊〉が集結。天王洲がアートの街としてさらに活気づきそうだ。

従来の倉庫業の枠を超え、ユニークな発想で革新的な事業を展開する寺田倉庫。レストラン、ミュージアム、イベントスペースなど幅広いジャンルのプロジェクトを手がける天王洲エリアに、新設したのがアートの複合施設〈TERRADA Art Complex〉だ。ここで、寺田倉庫ならではの空間活用、保存・保管の技術を生かした新たなアート事業に取り組んでいる。

同施設の3階に入居したのは、国内外で人気の高い4つのギャラリー、〈ユカ・ツルノ・ギャラリー〉〈URANO〉〈YAMAMOTO GENDAI〉〈児玉画廊〉で、オープニングとなる9月10日に展覧会が同時スタートした。各ギャラリーは天井高およそ5mの元倉庫ならではのスペースを得たことで、大型作品にも対応する。

また、同施設には美術品の輸送を行う〈Helutrans-Terrada〉、アーティストのためのアトリエスペース〈T-Art KOBO〉が今年4月からすでに入居しており、今後も別フロアにギャラリーを誘致するほか、教育機関との取り組みも予定している。ギャラリーのみならず、美大生、アーティスト、流通といったアートに関わるすべての人が集まり、天王洲を芸術文化の発信地として盛り上げていく。

鶴野ゆかがディレクターをつとめるコンテンポラリーアートギャラリー。コンセプト、コンテクスト、クオリティを重視し、独自の表現を追求するアーティストを紹介。絵画、彫刻、映像、写真など多岐にわたるメディアを扱う。オープニングを飾る『Small Golden Suns』はニューヨークを中心に活躍するホセ・パルラの国内2回目となる個展だ。

パルラは「燦々と輝く太陽を見たときのように、作品を観た人のエネルギーの源になるようにとカラフルな色彩とカリグラフィーで表現した。また、子どもが子どもらしく、大人は童心を忘れず、明るい気持ちを持ち続けてほしいという願いも込めた」と話す。

1/2ページ

最終更新:10/2(日) 16:00

Casa BRUTUS.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革