ここから本文です

「エンジョイしたい」元C大阪フォルラン、新天地インドでの開幕を控え抱負語る

フットボールチャンネル 10/2(日) 9:00配信

 インド・スーパーリーグに参戦する、セレッソ大阪でも活躍したFWディエゴ・フォルランは、新天地での挑戦を「エンジョイしたい」と意気込みを語っている。1日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 母国ウルグアイのペニャロールを退団したフォルランの新天地はインド、ムンバイ・シティだった。10月1日に開幕し、自身の初陣を控えるフォルランは「うちのチームには3人のアルゼンチン人、4人のブラジル人、ハンガリー人、ブルガリア人、ハイチ人が1人ずつ、そして残りがインド人という構成だ。私にとってここは新たな挑戦、素晴らしい挑戦なのだ。チームもよく組織されている」と述べる。

 そして、37歳の元ワールドカップ得点王は「ここのフォーマットは変わっている、8チームが7試合ずつのホーム・アンド・アウェイを行う。移動も長いし、3,4日ごとに試合もある。我々の目標はプレーオフに進出することだ」と述べる。

 さらに「スタジアムも良く、サッカーをよりポピュラーなものにしようと努力している。私もここでの経験をエンジョイしたい。本当に満足しているよ」と自身8ヶ国目となるリーグでの挑戦にそうコメントしている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/2(日) 9:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。