ここから本文です

3次会まで行けちゃう! およばれヘアのくずれ防止テク [with]

講談社 JOSEISHI.NET 10/2(日) 20:00配信

自分でアレンジするとヌケ感がなかったり、時間とともにくずれてきたりと残念な結果になりがちな“およばれヘア“。今回は、ゆるふわなのに長時間たってもくずれない秘訣と、くずれたときのお直しテクもご紹介。

1、巻かずにアレンジはダメ!

・ブロッキングなどはせず、巻きやすい場所から巻いていく。毛束を取り、中間~毛先に向かって1回転半巻く。

・前髪を巻く場合は、髪を流したい方向と逆側に向かって巻くと、きれいに毛が流れる。

2、“きっちり作ってからくずす“が、最大のポイント!

・耳前におくれ毛を残し下めで結ぶ。残しておいたおくれ毛の半分を耳にかけ、耳後ろにもニュアンスを作る。

・結び目上に隙間を作り、できた割れ目に毛先を入れ、くるりんぱに。毛先を左右に引っ張り、ねじり目を引き締める。

・ねじり目から髪を引き出しほぐしておく。くるりんぱの毛先を少しだけ残しゴムで結んでおく。

・STEP3のゴムで結んだ毛先を、くるりんぱの割れ目に上から入れ込み、地の髪と一緒に数ヵ所ピンで留める。

・バックカチューシャを上からそっとはめる。前髪やおくれ毛、全体のシルエットを整えたらできあがり!

3、ヘアスプレーでキープ力アップ!

キープ力の高いヘアスプレーでくずれを防止! ただし、ハードタイプはバリバリに固まってしまうので、ゆるふわ感もキープできるものやスプレーワックスが最適!

A:手ぐしで簡単リメイク。グラマラスカールN スプレー ワックス 180g
B:髪のボリュームや毛流れもキープ。ケープ フリーアレンジ(無香料)140g

4、くずれたって“Uピン“さえあればOK!!

髪が出てきてしまったときは、Uピンが最適! 髪が短い場合は、毛が飛び出しやすいのでピンを差す位置が重要。

落ちた毛束の中間あたりにUピンを差し留める。毛先の方で留めると、ピンと毛の隙間から抜け出てしまうので注意して。


撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE/モデル)、伊藤泰寛(商品)

最終更新:10/2(日) 20:00

講談社 JOSEISHI.NET