ここから本文です

悠木碧「チョコバナナぐらい許してよ」!? 森口博子の『ワンパンマン』起用はガンダム名曲のおかげ

おたぽる 10/2(日) 21:00配信

 昨年10月から全12話で放送され、豪華キャストと豪華スタッフ陣が集結したことや、超作画で話題となったTVアニメ『ワンパンマン』(作:ONE・村田雄介/集英社)。

 イベント「ワンパン秋祭り」が9月25日に開催され、アニメ第2期の制作が発表! 原作コミックとアニメのファンを喜ばせたが、イベント現場ではさらに意外なエピソードや、意外な発言が飛び出し、おおいに盛り上がったという。この昼の部に参加した30代男性が場内の様子を語った。

「TV放送時、熱いアクションやギャグに注目が集まっていたように感じていたので、男性ファンが多いのかなと思っていましたが、会場の客層は女性が8割、男性2割といったところでした。開演5分前には、(観客に席へ戻るよう促すために)歌い出しの歌詞が『ねぇ、早く帰ってきてね~♪』という森口博子さんが歌ったED『星より先に見つけてあげる』のPVがスクリーンに映し出されていて、シャレが利いてるなと(笑)」

 トークの方は、古川慎、石川界人、梶裕貴、悠木碧、安元洋貴、小野坂昌也、早見沙織が勢揃いしたステージで、安元と小野坂が司会をしていたそう。数々のラジオのMCで知られる小野坂が仕切っていただけにだけに、こんな際どいトークがあったそうで……。

「お祭りに参加したら何がしたいか? という質問があったんです。悠木さんは『私、チョコバナナが好きなんです』と回答。悠木さんが演じた戦慄のタツマキ役にちなんで、早見さんも『タツマキならチョコにバナナかけるもんね』とかぶせたり、スクリーンに『チョコバナナが好き』というテロップが表示されたんです。それを安元さんが読み上げていたのですが、そこに小野坂さんが『碧ちゃんの声でチョコバナナとか聴きたかった』とシモネタの方向に持っていこうとしだして(笑)。悠木さんの事務所の後輩でもある石川さんがかばおうとしたり、悠木さんはそのやり取りを見ながら『チョコバナナぐらいは許してよ』と、あきれ気味な感じでした」(前出の30代男性)

 ライブパートではJAM Project、森口が登場し、それぞれ主題歌を歌ったというのだが、とある秘話が語られる1シーンもあったとか。

「森口さんは、『(ワンパンマン監督の)夏目真悟監督が小学3年生のとき「機動戦士ガンダムF91」の「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」に衝撃を受けてくださとと。それ今回、楽曲のオファーがあったんです』と打ち明けてましたね。ちなみに、森口さんは中村悠一さん演じる無免ライダーが好きだったそうで、安元さんが『中村! 評価されてるぞ!』と叫ぶと、森口さんも『中村よかったぞ!』と乗っかるなど、ノリノリでしたよ(笑)」(前出の30代男性)

 第2期の制作も発表され、詰めかけたファンも喜ばせたが、「とくにビジュアルや放送時期などの公開はなかったので、放送は大分先になるのか、と思いましたけど、どうなるんでしょうね……」(前出の30代男性)と、ほのかにファンからは心配もされているようだが、果たしてどうなるのか。続報に注目していきたいところだ。

最終更新:10/2(日) 21:00

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。