ここから本文です

トリンドル玲奈が憧れの「アグリー・ベティ」になりきる!? [ViVi]

講談社 JOSEISHI.NET 10/2(日) 21:00配信

ViVi本誌の連載『レイナのナレタライイナ』は、毎月トリンドル玲奈が“なれたらいいな~”って思う憧れの人になりきってみようというコンセプト。毎回撮影を担当してくださるのは、川島小鳥さん。今回は、ドラマ『アグリー・ベティ』になりきってみたよ☆

『アグリー・ベティ』とは

アメリカで2006年から約4年にわたって放送されたドラマ。見た目至上主義のファッション誌編集部で働くベティが、困難を前向きに乗り越えていく成長の物語。

―― ベティの天真爛漫さ、マネしたい!!

初告白。最近つくづく思うのが、私って周りの同世代の子に比べたらテンションが低いのかなぁってこと。こういうお仕事をさせていただいているし、いざ本番!ってなったら急ピッチでボルテージあげることはできるんだけど、基本的に「明るく」はないのは自他ともに認めるところ(笑)。さらには、昔から調子に乗るのが怖くて、心配性なタイプときてるから、たまに「アガる!」状況になっても、心のブレーキが働いて、周りから見たら「本当に喜んでる?」って思われてしまう始末。ココ、少しだけコンプレックスなんです。

ドラマの主役のベティは、コンプレックスやトラブルを持ち前のポジティブ精神で乗り切る人。自分の心に素直に従えるって、本当に素晴らしいこと。私は子供の頃から慎重派で、自分を律して生きてきたから、いつしか心を解放するのが苦手になってしまいました。

でもね、ViViナイトの時に読者の皆さんがくれる声援に、めちゃくちゃテンション上がってるんだよ! 私なりに精一杯盛り上がってるつもり……。次にイベントで会う時には、もう少しだけ調子に乗ってはしゃいでもいいですか? 苦手なりに、感情表現頑張ってみようと思います。あぁ、ベティみたいに天真爛漫キャラになりたい(笑)!

最終更新:10/2(日) 21:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。