ここから本文です

「彼はパーフェクト」バルサ指揮官、いまだ不発の”第4のFW”をフォロー

フットボールチャンネル 10/2(日) 9:50配信

 エース、リオネル・メッシを欠きながらも順調に白星を積み重ねているバルセロナ。そんなチームの中でいまだ蚊帳の外という状態のFWパコ・アルカセルについて、ルイス・エンリケ監督は、擁護の姿勢を見せている。1日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ルイス・エンリケ監督は、現在リーグ戦、ヨーロッパリーグで3連勝中という好調セルタとアウェイで対戦することについて、「常に前のゲームの結果は影響してくるものだ。ただ、そうした結果とは別に、セルタは選手の質から見ても危険なチームだ。彼らがいいプレッシャーをかけてくることは分かっている。そして、ボールを持ったら、自分たちが何をすればいいかを理解している。魅力的なサッカーをするチームだ」と述べる。

 また、メッシを欠いての2試合を勝利で終えたことについて「不運にも昨シーズンも2ヶ月ほどメッシを欠いていた。従って、より大きなチーム作りが必要とされるのだ。様々なオプションを持てるのはポジティブなことだ」とエースの不在をマイナスと捉えていないようだ。

 そうした状況の中で未だ力を発揮できない”第4のFW”アルカセルについては「彼は良いパフォーマンスを見せている、パーフェクトだと言いたい。足りない部分もあるが、それはアジャストしなければいけない。私は彼にはもちろん、全ての選手たちのパフォーマンスに満足している」と答えている。

 昨季はセルタのホーム、バライードスに乗り込み1-4とまさかの大敗を喫してしまったバルセロナ。ルイス・エンリケ監督は、ノリートのイングランド移籍は「非常に大きい」と語るが、それでも「セルタはいい補強をしている」と油断はない。昨年のリベンジはなるか。

フットボールチャンネル

最終更新:10/2(日) 9:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。