ここから本文です

本田、新ポジションを開拓か。指揮官が進める「別の選択肢」。右サイドではない可能性

フットボールチャンネル 10/2(日) 16:00配信

ミランは現地時間2日、セリエA第7節でサッスオーロと対戦する。サイドの選手が駒不足となっているチームで、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はある準備を進めてきたようだ。それは、本田圭佑を左サイドで出場させるというものである。これまで本田が出場した時は右サイドでのプレーが多かったが、新たな可能性を開拓することになるのだろうか。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

本田、左サイドでプレーする可能性?

「日程が離れているため、ターンオーバー制の必要はない。選手に疲労が溜まっているわけでもない」

 1日、ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は記者会見の中で、2日のサッスオーロ戦では特にメンバーを入れ替えない意向を示した。ただし、若干の不確定要素はあるという。4-3-3の左ウイングには、エムバイエ・ニアンではなくルイス・アドリアーノを先発させる可能性があるというのだ。

 出場停止となったウディネーゼ戦以来、開幕から不動のポジションを得ていたニアンだったが、この2試合の出来は決して芳しいものではなかった。PKを決めたラツィオ戦でもミスは多かったし、フィオレンティーナ戦でも然りだった。監督の評価は非常に高く、立場は簡単には揺るがないとはいえ、90分間でパフォーマンスが安定しないというウイークポイントも露呈した。

 そこで今週の練習では、ルイス・アドリアーノが左のウイングとして試されていたということが報道で明らかになっている。しかしモンテッラ監督は、左でテストさせていたのはルイス・アドリアーノだけではなかったことも明かした。それはつまり、本田圭佑だ。

「スソとポジションを争っている選手だが、別の選択肢を考えている。4-3-3の場合でも4-4-2の場合でも右アウトサイドとしてプレーできる選手。ただ左もできないものかと、現在練習を進めている」

 ウイングプレーヤーとして本田を出す意義は、攻守両面で埋めつつボールに触ってポゼッションに参与することである。右として出来ていたこのプレーを左でも出来ないか、というのがモンテッラ監督の意図のようだ。

1/2ページ

最終更新:10/2(日) 16:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。