ここから本文です

バルセロナの新たな秘密兵器は「iPad」 エンリケ監督も「ビックリするくらい機能している」

Football ZONE web 10/2(日) 21:30配信

iPadを駆使したセットプレーで優位に立つバルサ 今季総得点の約20%を奪う

 2年連続国内2冠を達成したバルセロナの秘密兵器は、新加入選手ではなくiPadだった――。攻撃的なサッカーで知られるバルサは、ピッチ上の選手だけでなくコーチ陣もiPadを駆使してセットプレーで優位に立っていると、スペイン紙「マルカ」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 現在エースFWリオネル・メッシが負傷離脱中のバルサは、「MSNトリオ」の一角であるFWルイス・スアレスとFWネイマールの決定力に加え、MFアンドレス・イニエスタのゲームメイク能力で手堅く勝ち点3を拾っている。

 またMFセルヒオ・ブスケツらお馴染みのメンバーに加え、今季はMFアンドレ・ゴメス、DFサムエル・ウムティティら20代前半の新戦力を多く獲得しているなかで、密かに存在感を放っているのはiPadだという。

 バルサの真骨頂と言えばポゼッションスタイルだが、同紙調べのデータによると今季は総得点の約20%をセットプレーから奪っている。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)開幕戦セルティック戦(○7-0)のL・スアレスのヘディング弾、リーガ第5節アトレチコ・マドリード戦(△1-1)で決めたMFイバン・ラキティッチのゴール、CL第2戦ボルシアMG戦(○2-1)のDFジェラール・ピケの決勝弾は、それぞれセットプレーから生まれている。

セットプレーのパターンを共有

 セットプレーからの得点数増加は、フアン・カルロスGKアシスタントコーチが活用している“iPad効果”のようだ。カルロス氏はセットプレーのチャンスを最大限に生かすため、iPad内にパターン化されたセットプレーの番号を図示。セットプレーのパターンを共有するやり方がうまく機能している結果、得点数が増えていると同紙は分析している。

 チームを率いるルイス・エンリケ監督も「ウンゼ(カルロスコーチの愛称)のiPadはビックリするくらい機能しているよ」と報道陣に語るなど、その効果は絶大だ。

 最新鋭のテクノロジーを最大限活用するバルサは、秋以降の戦いでもゴールを量産するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/2(日) 21:30

Football ZONE web