ここから本文です

【日本代表】武藤、宇佐美に代わり齋藤が追加招集。“J最強のドリブラー”に求められる役割は?

SOCCER DIGEST Web 10/2(日) 6:00配信

求められるのは「ジョーカーのような働き」。

 マインツの武藤がヨーロッパリーグのガバラ戦で右膝を負傷。精密検査の結果、全治1か月と診断された模様で10月の代表戦を辞退することになった。また練習中に怪我をした宇佐美も同じく、今回の代表活動を見送ることになった。
 
 その武藤と宇佐美に代わり追加招集されたのは、横浜の齋藤。このところJリーグでは絶好調で、とにかくドリブルが切れている。今、J最強のドリブラーと言っても過言ではない。
 
 この齋藤を追跡しているハリルホジッチ監督も、先の代表メンバー発表の席で次のように話していた。
 
「今のところ宇佐美はジョーカーとして日本代表に入っていますが、UAE戦もタイ戦も良かったですね。途中で入ってきて15分だけでかなりのチャンスを作ってくれました。これは本当に能力のある選手の役割です。齋藤や中島(翔哉)もそんな感じでしょう。彼らも見せてくれます」
 
 ここから察すると、齋藤はジョーカー、すなわちスーパーサブ的な役割を期待されていることになる。“欧州組偏重”のハリル体制に風穴を開ける意味でも、齋藤の代表活動での役割は重要と言えるだろう。
 

最終更新:10/2(日) 6:00

SOCCER DIGEST Web