ここから本文です

【J1採点&寸評】神戸×川崎|エース・レアンドロが魅せる! 神戸が川崎に快勝し第2ステージ優勝へ望みをつなぐ

SOCCER DIGEST Web 10/2(日) 7:00配信

神戸――中盤の4人は攻守に貢献度の高い働き。

[J1第2ステージ14節]神戸3-0川崎/10月1日/ノエスタ
 


【チーム採点・寸評】
神戸 7.5
今季一番と言って良いほどの出来で、川崎から勝点3を奪う。攻守に全員がよく走った。第2ステージの優勝へ望みをつなぐ非常に大きな勝利だ。
 
【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム・スンギュ 6.5
「前回の(韓国)代表合流前の浦和戦のように、今回も合流前の川崎戦で良い勝ち方をしたい」と話していたとおり、集中したプレーを披露。キックオフ直後には絶体絶命のピンチを防ぎチームを救った。キックの精度も◎。
 
DF
6 高橋峻希 6
ディフェンス面では車屋との勝負で一歩も引かず、オーバーラップのタイミングも良かった。16分に崩されかけた場面では身体を張ってクロスをカットした。

【神戸 2-0 川崎 PHOTO】神戸3発!川崎に完勝!

5 岩波拓也 6.5
時には中盤に下がった相手に激しく当たりに行き、ゴール前では読みを利かせて川崎の攻撃を撥ね返した。何度もシュートブロックに入った姿は頼もしい限り。加えてフィードで前線の後方支援も行なった。
  
8 高橋祥平 5.5
前半はやや気合が空回りしたか、一発でかわされる軽さがあった。キックオフ直後に簡単に小林に突破されたシーンはキム・スンギュに助けられた。その後はなんとか立て直す。
 
44 橋本 和 6.5
自らの前に位置した松下やボランチのニウトンに指示を送りながら、エウシーニョ、小林らの突破を食い止めた。39分には高質なクロスを供給。 2ゴールの起点にもなった。

MF
10 ニウトン 6.5
高さを生かして相手の浮き球のパスをことごとくカット。22分には藤田のロングスローから強烈なヘッドを狙った。ミドルの精度は高くなかったものの、その積極性は評価したい。課題は中盤でのボールロストがあった点。
 
14 藤田直之 7(90+4分 OUT)
“チームのコントロールタワー”と呼べる働きをこなす。幾度もボールを刈り取り、的確なパスでリズムを作った。まさにチームに欠かせない存在だった。
 
24 三原雅俊 6.5(89分OUT)
猟犬のように相手を追い回し、空いたスペースがあればフォローに走る。豊富なスタミナで周囲を助けた。鋭い出足で渡邉の先制点もアシスト。
 
23 松下佳貴 6.5(87分OUT)
攻守でハイパフォーマンスを見せ、大きなサプライズを提供した。自慢の左足を駆使したクロスはチームの武器となった。ただ、55分のGKとの1対1は決められず。

1/3ページ

最終更新:10/2(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web