ここから本文です

【日本代表】絶好のチャンス到来。初招集・永木亮太はどんな“答え”を出すのか

SOCCER DIGEST Web 10/2(日) 12:00配信

代表での経験が、鹿島でのレギュラー定着につながる。

 沈みがちな表情も、当然だろう。代表活動を翌日に控えた大宮戦で、鹿島は1-3と完敗。ボランチで先発した永木のパフォーマンスもさえなかった。
 
 終了間際には、好位置でFKを得る。狙いすましたシュートは、しかしポストの脇をかすめた。前半にも際どいミドルを放ったが、これも決め切れなかった。
 
 報道陣から「すっきり勝って、代表に行きたかっただろうけど、なかなか思うようにいかなかったですね」と問われると、静かに言葉を紡いだ。
 
「そうですね。まあ、代表のことはまったく考えずに、今日の一戦には臨んでいました。鹿島としても絶対に負けられない試合でしたし、本当に悔しい」
 
 ロシア・ワールドカップへの出場権を賭けたアジア最終予選の10月シリーズで、永木は日本代表に初招集された。しばらくはチームを離れることになるが、「怪我人が多いなかで、(鹿島での)試合に出ている状況。まだレギュラーに定着していると思っていませんし、そのなかで代表に選ばれましたけど、このチームでしっかり自分のポジションを確立しなければいけない」と危機感を口にする。
 
 それでも、「代表は代表で、選ばれたのはすごく嬉しい」のは事実。「切り替えて、良い経験をして、また鹿島に帰ってきて、ポジションを確立したい」と前を向いた。
 
 たしかに本人が言うように、今季から所属する常勝軍団・鹿島で定位置を完全に獲得したわけではない。ただ、どんな状況であれ出場機会を増やしており、次は代表の舞台で自らの力を試そうとしている。
 
 今まさに、永木はフットボーラーとして大きな一歩を踏み出そうとしている。プロのキャリアにおいてそうあることではない。このチャンスをものにできるか。多くを吸収して、さらなるステップアップにつなげることができるか。
 
 答えを出すのは、他でもない永木自身だ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

【日本代表PHOTO】イラク戦、豪州戦に向けたメンバー26人

最終更新:10/2(日) 12:09

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。