ここから本文です

【J1採点&寸評】磐田×新潟|元磐田のふたりが活躍。小林が試合を作り、途中出場の山崎が決勝点!

SOCCER DIGEST Web 10/2(日) 7:00配信

磐田――GKカミンスキーの好セーブは実らず。

[J1第2ステージ14節]磐田1-2新潟/10月1日(土)/ヤマハスタジアム

【チーム採点・寸評】
磐田 5
先に失点したが、その後ペースを奪還し、ジェイのゴールで前半のうちに同点に。しかし後半は新潟の速い攻めとプレスに青息吐息。球際は新潟に軍配。ボールロストも多く、終盤は足が止まり、守備の集中も切れてノーガードに。終了間際に決勝点を許し、残留に黄信号が灯った。
 
【磐田|採点・寸評】
GK
22 カミンスキー 6
再三の好セーブも勝利に結びつかなかった。アディショナルタイムの決勝点は、DF陣が傍観者になっており、責められない。
 
DF
2 中村太亮 5.5
攻めの姿勢は出せていたが仕事をしたとはいえない。守備は球際、対人の強さに欠けた。終盤はパスが雑になった。
 
5 櫻内 渚 5
加藤の突破への対応が遅れPKを献上。ボールを持った時に判断が遅く相手に詰められた。終盤は山崎の対応に四苦八苦。
 
35 森下 俊 5.5
ラインコントロールも対人の守備も破綻はなかったが、終盤に相手の圧力に受け身になり疲弊したのか、足が止まり反応が鈍ってしまった。
 
MF
23 山本康祐 5.5
前半はコルテースの対応に追われ前に出て行けなかった。守備ではファイトしたが、相手の決勝点は鈴木に競り負けクロスを許した。
 
7 上田康太 5.5
パスの展開は悪くはないが、無難なプレーに終始。ひと手間余計にかけたり、前に出せても後方につないだりと、攻撃に迫力と厚みを出せなかった。
 
13 宮崎智彦 5.5(90分OUT)
前半はプレッシャーに苦しんだ。後半は、鋭い読みでDF陣を助けていたが、相手の勢いを止めきれなかった。
 
40 川辺 駿 6
ジェイ、アダイウトンによく絡み、前への推進力を発揮。長いドリブル突破は持ち過ぎの感もあるが、相手にとって厄介な存在になっていた。
 
9 太田吉彰 6(88分OUT)
インサイドにも入り込み、攻めに絡んだ。攻守の切り替え速く、力を出し切ったが、連動性に乏しい。それはチーム全体の課題でもある。
 
15 アダイウトン 5.5(90+1分OUT)
ゴールはならなかったが、前半3本の決定的なヘディングシュートを放つ。自陣深くまで戻りピンチを救う守備も。後半は不完全燃焼だが復調の兆し。

1/3ページ

最終更新:10/3(月) 2:40

SOCCER DIGEST Web