ここから本文です

【J1採点&寸評】甲府×横浜|前節の悔し涙を最高の結果に! 追加招集の齋藤が文句なしのMOM

SOCCER DIGEST Web 10/2(日) 17:22配信

甲府――2失点目で持ち前の堅守が脆くも崩れ去った。

[J1第2ステージ14節]甲府0-4横浜/10月1日/中銀スタ
 
【チーム採点・寸評】
甲府 4.5
名古屋、新潟が勝利するなか、是が非でも勝点が欲しかったが、後半早々に2点目を失ってからは前掛かりに攻めて、さらに2点を失った
 

【PHOTO】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

【甲府|採点・寸評】
GK
1 岡西宏祐 4.5
今季リーグ戦フル出場の河田が、前日に左ハムストリングを痛めるアクシデント。プロ4年目でのリーグ戦デビューとなったが、状況判断のミスもあり、4失点と悔しい結果に。
 
DF
41 土屋征夫 4.5
数的有利を作って守りたかったが、「前半の途中から足を打撲していた」(佐久間GM兼監督)こともあってか、斎藤、さらには金井の攻め上がりに、手を焼くことに。
 
4 山本英臣 5
完全に抜け出した伊藤への36分のタックルなど、いつもと変わらない読みの守りを見せていたが、47分の失点以降はゲームのコントロールを失い、らしからぬミスも。
 
5 新里 亮 4(76分OUT)
ゲームの入りから不安定さを露呈。マルティノスの仕掛けの前に、徐々に成す術を失っていった挙句、76分に交替。
 
MF
23 稲垣 祥 4.5
立ち上がりは、万全ではない状態を感じさせないプレー。ただ「外だと3、4人を相手にしなくてならないので、少し中に入るようにした」(斎藤)に突破を許す。
 
6 マルキーニョス・パラナ 4.5
ポジション取りが遅かったのか。本来のプレーではなく、いつもなら通されないようなパスを通される場面が何度かあった。
 
30 保坂一成 5 (64分OUT)
6分の相手CKから混戦となった場面では、文字通り身体を張ってピンチを防いだ。試合全体では、中町、天野、前田の間を取る位置取りに、後手を踏まされた印象。
 
28 橋爪勇樹 5
「こちらのことなど、まったくお構いなしに」(橋爪)攻め残るマルティノスを相手に、攻守の最適値を見出せず。それでも敗色濃厚となった終盤も、ゴール前まで走り続けた。
 

1/3ページ

最終更新:10/2(日) 17:37

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。