ここから本文です

ジープ・レネゲードとラングラーに人気装備満載の「Jeep Mojave Edition」を設定

clicccar 10/2(日) 6:03配信

ジープ・レネゲードはFIAT500Xのブランド違いの兄弟車ですが、言われなければ分からないほど、それぞれのブランドらしさが内・外装で表現され、FCAによる作り分けには感心させられます。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



一方の軍用四駆を祖とするラングラーは、現在のジープラインナップの中でもタフさが特徴のモデル。

2016年10月8日から発売されるジープ・レネゲード、ラングラーの限定車「Jeep Mojave Edition(モハベ エディション)」には、カリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州にまたがるモハベ砂漠の色をイメージした特別カラーの「モハベサンド」が採用されています。

限定車らしく、人気の高い多くの装備を設定しながら買い得感の高い価格設定としているのも特徴。

「レネゲード・モハベ エディション」は、上級グレードの「リミテッド」に装備されているすべての安全装備を標準化しながら、ベース車から10万8000円高に抑制。



「ラングラー・アンリミテッド モハベ エディション」は、ナビ(三菱電機製 DIATONE SOUNDナビゲーションシステム)と専用開発のドアミラーカバーを装着しながら、ベースモデルより5万4000円高に抑えられています。



ほかにも、アメリカを代表するブランドのひとつであるジープならではの星条旗デカールをボディ左右に装着している点もポイント。星条旗の星は通常左上にありますが、「進行方向に星が来るようにする」という考えに基づき、ボディ右側のデカールについては右上に星が配置されています。



1.4Lの直列4気筒「マルチエア」ターボを搭載する「レネゲード・モハベ エディション」の価格は307万8000円。台数は100台となっています。3.6LのV6DOHCエンジンを積む「ラングラー・アンリミテッド モハベ エディション」は、401万7600円。こちらも100台限定です。



(塚田勝弘)

最終更新:10/2(日) 6:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革