ここから本文です

ドイツにイスラム過激派522人…ビール祭りにも影響

デイリー新潮 10/2(日) 14:00配信

 13日、ドイツ北部で特殊部隊200人が投入され、3人の男が逮捕された。イスラム国が犯行声明を出した昨年11月のフランス・パリ同時多発テロ事件――その実行犯と同時期に欧州に潜入、同じ偽造工場製のパスポートを所持していたこの男たちはイスラム国の戦闘員と見られている。

「この数日前には522人の“潜在的テロリスト”が国内に存在し、さらに“関係者”360人を監視しているとデメジエール内相が新聞に答え、波紋を呼んだばかりでした」(現地記者)

 欧州各地で広がるテロの脅威。独内務省は522人のうち半数以上は逮捕済みとするが、在独ジャーナリストの熊谷徹氏は言う。

「イスラム圏の旧植民地出身者が多く、移民の貧困問題を抱えるフランスに較べれば、ドイツの要監視対象者は格段に少ない。ただ、今回の3人のように、昨年受け入れた100万人の難民にどんな人物が紛れ込んでいるかはわからない。また、ドイツからのイスラム国参加者は850人。彼らが帰国後どうするか。“一匹狼型”のテロとなるとさらに把握が困難です」

 各国の治安当局が頭を悩ます問題に、ドイツもまた手を焼いているのだ。

 世界最大のビール祭り、ミュンヘンの「オクトーバーフェスト」にも影響が出ている。大勢の人が集まる場所は市民の警戒心も高まる。

「警察も厳戒態勢、例年なら各企業が客を招いて接待するのですが、今年は自粛している会社も多い」(同)

 ビールを飲むのも立派な「テロとの戦い」だ。

「週刊新潮」2016年9月29日号 掲載

新潮社

最終更新:10/2(日) 14:00

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。