ここから本文です

韓国の“女子会”は、整形トークがエグくてビックリしたわ!

女子SPA! 10/2(日) 16:20配信

<汚ブス研究家KENJIの内面美人への道 Vol.36>

 汚ブス研究家あらためウーマンジャーナリストのKENJIよ。

 今までは、日本の女子会事情をお届けしていたけど、女性の生態をグローバルに調査すべく、韓国へ長期的に行ってきたわ。

◆韓国に「女子会」ってあるの?

 韓国では、「女子会」とは呼ばないんだけど、女性どうしでカフェに入って延々おしゃべりする、事実上の“女子会”はみんなやっているの。というのは、韓国にはとってもカフェが多いんです(2011年に韓国の公正取引委員会が半径500メートル圏内に同じチェーンの出店を規制したほど)。

 日本ではランチ後に「ねぇ~カフェ行こう!」と靴ずれしながら空いているカフェを探したりするけど、韓国ではすんなり入れてしまうので羨ましい限りだわ。

◆整形話が飛びかう女子トークにびっくり

 韓国の(事実上の)女子会に参加したところ…日本と大きく違うのは、不倫ネタや性事情などは一切話題に上がらないみたい。仕事の相談ごとや彼氏とのノロケ話など、あまりにキレイにまとまった女子トークだな、と見ていたところ…。

 開始から3時間ほど過ぎると、トーク内容に突然変化が現れてきたの。

「ねーっ、ちょっとあの隣の豚を見て」と、そっと目配せされた方向に目をやると、靴を脱いで椅子の上であぐらをかいている女子がいたの!

 韓国の女子ったら、同性に対して容赦なくチェックを入れるのね。その変貌ぶりに、ちょっと驚きを隠せなかったわ。「オンナの敵はオンナ」ってよく言われるけど、本当に凄かったの。

「あのオンナは顔のお直しがまだ必要ね」「私、鼻の形を変えたって気がついてくれた?」とか、整形大国ならではの話題がとっても斬新だったわ。

 日本で「アナタ整形したでしょう?」なんて相手に伝えたら「ムッ」とされちゃうわよね。

 その厳しいチェックは、20代女性の日本人観光客に対しても向けられていたわよ。

「バッグがルイ・ヴィトンなのに、足元はアディダスのスニーカーって、そういう組み合わせが日本で流行っているの?」と聞かれたアタシは「…」。何も言い返せなかったわ。

 たしかに、今の日本では「抜け感」だとか言うけど、海外旅行の際は、トータルのバランスを考えたコーディネートでお願いします。

<TEXT/KENJI>

【KENJIプロフィール】

年間400回以上の女子会をプロデュースし、内面汚(お)ブスの本音を炙り出す。おネエキャラでテレビ、雑誌、イベントMCなどで活躍。高校、大学ではマナー講師も。著書に『女子会のお作法』、最新刊『汚ブスの呪縛~嫌われる人にはワケがある~』・オフィシャルブログ ・twitter@obusukenji

女子SPA!

最終更新:10/2(日) 16:20

女子SPA!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。