ここから本文です

話題沸騰中の六本木のFEELCYCLEで、休日の午後をアゲてみてはいかが!?

東京カレンダー 10/2(日) 5:20配信

夏の日差しも和らぎ、秋の季節が深まりつつある今日この頃。

「忙しい人ほど、遊んでる。」を体現する東京カレンダー読者の皆さんは、休日の過ごし方にもう少しバリエーションが欲しい! と感じている頃なのでは……?

【この記事の全ての写真】

これから本格的に秋のシーズンを迎える中、いつもとは違った休日の楽しみ方をご紹介。今までにボルダリングデート、Blue Note Jazz Festival in Japanでのライブデートを覗いた。

雨日が続く今日この頃……新感覚バイクエクササイズでスカッとした休日を過ごしてみるのはいかがだろう。

朝目覚めると、頭が痛い。胃もムカムカする……。土曜の夜、仲間と合流し、麻布十番にある『ELLE TOKYO』に遊びに行ったんだった……

二日酔いで何もやる気がせず、ベッドの上でぐったりとしていた。リビングではどうやら彼女のエミが出掛ける準備を始めている。

「ねえ、行かないの?」とベッドの中に潜り込み、横から自分の顔を覗く。

―具合悪い。

「ただの二日酔いでしょ? ほらっさっさと準備して! やっと予約取ったんだよ。また来週末まで待つのはやだ」

―え…なんか予定してたっけ?

エミはふくれっ面でばしっと自分の胸を叩き、むせる。「FEELCYCLE(フィールサイクル)だよっ!」

あぁ…そう言えば先週、そんなことを言われたような気もする。

重たい身体と心を引きずるようにベッドを出ると、エミと六本木にある『FEELCYCLE Roppongi』へと向かった。

「こんにちは!」と元気溌剌な笑顔で迎えてくれたのは、インストラクターのYouさん。名前を伝えると、「今日はトライアルでお越しいただいていますね?」と更衣室でレッスンウェアに着替えるように言われた。

FEELCYCLEの旗艦店とだけあって、六本木店の中はブラックに統一されたインテリアは非日常的で、暗がりの中にはシャンデリアの光が輝いている。

「ニューヨークのクラブみたいだね。」と、エミはいつも通っているジムとは違った空間に圧倒されているようだ。

着替えを終えてロビーに戻ると、バイクエクササイズで履くスニーカーのような特製の靴を手渡された。

1/4ページ

最終更新:10/3(月) 13:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。